D.TT.KD.TT.K / ディーティーティーケー

Designer

デトケーDETTO K

Brand SNS
  • Instagram

Brand official HP

Designer interview

Designer Profile

デザイナーのデトケー(Kazuma Detto)は、自分のスタイルを洋服、写真、映像、空間などに落とし込み、「D.TT.K」名義で、クリエイティブ活動を行う。2013年より自身特有のネオスポーティーな美学を取り入れたアパレルブランド「D.TT.K」を立ち上げる。

Kazuma Detto (D.TT.K) has been expressing his original styles into clothing, photography, videos, and spatial presentations. In 2013 he has launched the clothing line D.TT.K with his well known neo-sporty aesthetics.

Brand Profile

ブランド創設:2013年

コンセプト:NEO SPORTY


Established in 2013

Concept : NEO SPORTY

Category

Men’s / Ready To Wear, Accessories and others

Contact

山中 アツシ / International : 太田 コウスケMr. Atsushi Yamanaka / International : Mr. Kosuke Ota

Address
〒153-0041
東京都目黒区駒場1-33-6 東京シティビル103
TokyoCityBuild103 1-33-6 Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-0041, Japan
Tel
Mr. Detto: 090-6766-1689 / Mr. Yamanaka: 080-3165-8725
Email
info@dettok.com
Link
http://dettok.com/

Collection

2015 A/W

2015 S/S

ディーティーティーケー
デトケー

D.TT.K
DETTO K

TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

基本的に東京で行われているファッションコンテストなどに、正直無関心だったのですが、受賞内容が分かりやすく、タイミングが良かったためです。

To be quite honest, I was always a bit indifferent to fashion contests being held in Tokyo. However, my motivation came from the points that the award prize was easy to understand and the timing was good.

受賞時の気持ちFeeling when awarded

すぐにパリでの発表に向けて、気持ちが切り替わりました。

My feelings immediately switched toward the presentation in Paris.

世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

海外を志している我々にとって、しっかり意味のあるアワードです。
この様な機会がブランドとして、大きなキッカケを造り得ると感じています。

For those aspiring for opportunities overseas like us, this is an award with true meaning. I feel that this type of chance can create a large opportunity as a brand.

パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

パリという場所が初めてなだけで、常に挑戦的・挑発的にアプローチしていきます。

Just from the fact that it will be the first time for us to present in Paris, I want to always take a challenging and proactive approach.