東京ファッションアワード201 開催
東京からパリへ 東京からパリへ

TokyoからParisへ
「TOKYO FASHION AWARD」とは、世界で活躍する
ファッションデザイナーの輩出をはかるプロジェクト

To Paris from Tokyo
The "TOKYO FASHION AWARD", the project to
measure the Haishutsu of fashion designers who are
active in the world

Skip

About アワードについて

TOKYO FASHION AWARDとは
本アワードは、世界をフィールドに活躍するポテンシャルの高い東京の旬なファッションブランドを選定表彰し、海外での展開をサポートする新しい形のファッションアワードです。
世界で活躍するファッションデザイナーを東京から輩出することを目的に、国際的な活躍が期待されるブランドに対し、ビジネス面における支援を継続的におこないます。受賞6デザイナーへの支援として、2015年1月のパリファッション・ウィーク中に、本事業単独のショールーム「showroom.tokyo」を開設し、世界の有力なバイヤーとのビジネスマッチングの機会を設けることで、国内外でのビジネス拡大を目指します。東京都
About the TOKYO FASHION AWARD
This is a new type of fashion prize that will select 6 fashion brands from Tokyo that has potential to grow in the international market and support their oversea expansion.
We aim to bring fashion designers from Tokyo into the world by supporting their business continuously. The selected 6 designers will open their own showroom "showroom.tokyo" during the Paris fashion week in January 2015 and hold business meetings with famous buyers to expand business worldwide.Tokyo Metropolitan Government
シンボルマーク
シンボルマークのデザインコンセプト
日本古来からのファッションアイコンである扇子を図形化し、流行の発信、伝播を表現すると同時にアワード(賞)の象徴でもある王冠を表現しています。また、シンボルマークを組み合わせることにより、江戸小紋のような伝統的なパターンにもなります。色彩はファッションへの情熱や革命を表す赤を基調としました。本アワードを主催する東京都のシンボルマークの緑と補色関係にあり、互いの色を引き立て合う相乗効果を持ちます。
Design concept of the symbol mark
The mark is symbolized from a Japanese fan which has been a fashion icon from a long time ago also expressing transmission and propagation. Graphically, a crown is also imitated to express the award project. Enlacing the symbol, a traditional Edo-Komon like pattern can be made. Red, which expresses passion and revolution is used as the keynote. This also is a complementary color to the green in the Tokyo Metropolitan Government symbol to create synergy.

Juries 審査員

Application 応募について

募集期間
2016月6月24日~8月19日(17:00必着)
※エントリーは締め切りました。
Application Period
June 24 - August 19, 2016 (closes at 5:00pm)
※Entry Closed
募集件数
受賞6デザイナーを選定
Recruitment numbers
6 designers will be selected
審査要件
審査員が以下の審査要件など合致しているかどうかなどを審査します。
1.今後東京を代表するインターナショナルブランドになる可能性がある。
2.デザイン、アイテム数、価格帯で海外展開の可能性がある。
3.海外展開の意欲があり、体制を整える準備がある。
Evaluation Points
The juries will evaluate points such as below.
A. Does the brand have the potential to become an international brand that can represent Tokyo?
B. Does the design, number of items, and price point allow for overseas launch?
C. Is the designer prepared and motivated to launch overseas?

Interview&Report インタビュー&レポート

  • エトセンス
    橋本 唯

    ETHOSENS
    Yui Hashimoto

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    これまでは展示会ベースで新作の発表を続けてきましたが、直営店を出してから今年でちょうど5年が経ち、ブランドとして次の動きを模索していました。昨年、2016年春夏シーズンに初めてパリで単独の展示会を行った経験はありましたが、今回の「showroom.tokyo」では、まだ無名のブランドが海外のマーケットにインパクトを与える上で良い機会になると考え、いつも以上に攻めの気持ちでクリエーションに臨みました。

    I’ve been announcing new collections on an exhibition basis, and this year it is exactly five years since we opened our direct shop, so we were right in the middle of searching for the next step as a brand. Last year, in the 2016 S/S season, we had experienced our first solo exhibition in Paris, but we figured this “showroom.tokyo” would be a good opportunity for a still virtually unknown brand to make an impact on the overseas market, so I went into creation with a more aggressive feeling than usual.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    海外のバイヤーは日本以上にオリジナリティを重視する傾向があり、他にないものを探している姿勢を強く感じました。1回目のショールーム(2016年1月実施)では、自分たちのコレクションに対してエレガントと表現するバイヤーが多かったのですが、先行する競合ブランドの間に入っていくためにはより強いオリジナリティが必要だと感じ、2回目のショールーム(2016年6月実施)ではそれを表現することを心がけました。1年前に単独で行った展示会では、来場されるバイヤーのほとんどがブランドに多少なりとも興味を持っている方たちだったのですが、「showroom.tokyo」では、自分たちの存在を知らない方たちにも多く見てもらうことができ、大きな刺激になりました。

    Overseas buyers have a tendency to value originality, more than Japanese buyers do. I strongly felt their stance towards looking for something unique. At the first showroom (executed in January, 2016), there were many buyers that expressed our brand as “elegant”, but in order to stand out among pre-existing rivals, I felt a need to express a stronger originality, so for the second showroom (executed in June, 2016), I tried to make sure to express that. At our solo exhibition, most of the buyers that visited our exhibition were interested in our brand more or less, but at the “showroom”, we were able to have our brand seen by buyers who do not even know that we exist, which was quite a stimulating experience.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    以前から、いつかはショー形式でコレクションを発表したいという思いがあったので、ブランドにとって非常に良い機会になりました。今シーズンは、「交わる線 LINE of intersection」がテーマだったこともあり、ショーではモデルの個性とブランドの世界観が交わった時にどのような見え方になるかということを意識しました。モデルのキャスティングをはじめ、楽しみであると同時に不安を感じていた要素が多かったのですが、最終的には上手く形にすることができ、良い反応を得ることができました。コレクション発表は展示会で十分だと考えていた時期もあったのですが、やはりショーというのはブランドの世界観を高いレベルで表現できる手段であり、自分たちにとってもプラスになる要素が多いので、今後も継続して行いたいと考えています。

    I’ve been hoping to announce my collection in a show style for a long time now, so this was a great opportunity for the brand. This seasons theme was “LINE of intersection”, so I was conscious of what happens when the personalities of show models intersect with the brand’s world view. I was feeling both excitement and anxiety towards many aspects, like the casting of models, but in the end, I was able to put everything into shape well, and I received good reactions. There was a time when I used to think that exhibition announcements of collections were sufficient enough, but shows are a means to express the world view of the brand on a higher level, and has many aspects that are advantageous to us, so I would like to continue doing shows.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    自分たちが向かいたいと考えていた方向性を推し進める貴重な機会を与えていただき、ブランドとしても大きく成長できたと実感しています。2シーズンにわたるパリでの展示を通して、海外展開の感触をつかむことができ、今後の道筋もだいぶ見えてきました。何よりも継続することが大切だと思っているので、次の2シーズンも引き続き「showroom.tokyo」に参加しつつ、その先の動きを探っていくつもりです。

    I think it gave us a precious opportunity to step forward in the direction we wanted to go, and I feel that we, as a brand, has matured a lot. Through the two seasons of exhibiting in Paris, we have gained a sure foothold for future overseas developments, and future steps that need to be taken have become clearer. I think continuance is the most important thing, so I intend to continue participating in “showroom.tokyo” for the next two seasons, and try to grasp a feel for our future.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    東京でのショーではブランドとして初めて女性モデルを起用したのですが、近いうちにレディスラインも展開できればと考えています。また、2シーズン目となった6月の「showroom.tokyo」ではコレクションの点数をしぼり、強いアイテムを中心にパリに持って行ったのですが、10月に開催する東京のショーではフルコレクションを発表する予定です。今後アジアの市場は、世界的に見てもより成長していくと思いますし、その中で自分たちが日本を拠点にしていることは恵まれた状況だと受け止めています。ブランドにとって東京は今後も重要な発表の場だと考えているので、海外の展示会と日本のショーを継続的に行いながら、自分たちのクリエーションを高めていきたいです。

    At the show in Tokyo, we used female models for the first time, and in the near future, I’m thinking of creating a lady’s line. Also, for the “showroom.tokyo” held in June, which was the second season from me, I mainly selected strong items from my collection and brought only a concentrated collection to Paris, but at the show in Tokyo, in October, I intend to announce my collection in full. From a global point of view, I think the Asian market will continue to grow hereafter, and with this in mind, I feel it is a blessing that we are based in Japan. I think that Tokyo is a valuable place of announcement for the brand, so I hope to keep progressing and bettering our creations through continuing to do exhibitions overseas and shows in Japan.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • アンドワンダー
    池内 啓太/森 美穂子

    and wander
    Keita Ikeuchi / Mihoko Mori

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    池内:アンドワンダーでは、2015-16年秋冬シーズンからパリで展示会をスタートし、1年間試行錯誤を続けてきました。その経験を活かし、「showroom.tokyo」では、1回目(2016年1月実施)から欧米に向けたサイズ展開、世界観を伝えるためのカタログ資料の準備など効果的に行なうことができました。また、これまでの展示とは異なり、今回はアワードの受賞ブランドという立場から、現地でブランドを認知してもらうという点でも期待が持てるのではないかという思いがありました。

    Ikeuchi: and wander held its first exhibition in Paris from the 2015-16 AW season, and we have continued to go through a process of trial and error for one year. So we were able to make good use of this experience for “showroom.tokyo”, and from the first time (executed in January, 2016), we were able to prepare effectively, such as offering sizes fit for westerners, and preparing a catalogue to convey the world of and wander. In addition, we were more hopeful in that, unlike our former exhibitions, this time our brand would be recognized at Paris, as an award winning brand.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    池内:良い反応を得ることができ、海外の卸先も徐々に広がっています。特にショールームの2回目(2016年6月実施)は、1回目に見ていただいたお店がピックアップしていただくなど、継続して積み上げることの手応えがありました。2シーズンを通して感じたことは、日本のバイヤーよりも海外のバイヤーの方が、実際に手に取って興味を示してくれる服とそうでない服の差が大きいということでした。今後は自分たちなりに研究を重ねて、意識的にチャンネルを合わせて、ピックアップしてもらえるアイテムを増やしていかなければいけないと感じました。

    Ikeuchi: We received positive reactions, and overseas sales channels are gradually spreading. Especially at the second “showroom” exhibition (executed in June, 2016), buyers who looked at our collection the first time, picked up our products this time, giving us a sure feel of continuance and building-up. One thing that we learned through the two seasons is that, unlike Japanese buyers, overseas buyers are clearer on which items they are interested in and not, by actually picking up and touching those items they are interested in. They will not pick up the items they are not interested in, so the difference is clear. From now on, we intend to make studies of our own in order to consciously set our channel to their taste, so that the number of items that they pick up will increase.

    森:これまで以上に多くのバイヤーに自分たちの洋服を見てもらうことができましたが、パリだとシャツをはじめとしたカジュアルアイテムはあまり見てもらえず、グラフィックやカッティングのインパクトが強いアイテムなどに興味を持たれていました。私たちはニューヨークでも展示をしていますが、やはりアメリカではよりカジュアルなものが好まれますし、展示する場所に応じて構成や見せ方を変えていくことも大切だと感じました。

    Mori: The number of buyers looking at our clothes has increased more than ever before, but in Paris, they were more interested in items with a strong impact, such as graphics and edgy cutting, and did not seem to be interested in casual items, such as shirts. We hold exhibitions in N.Y. too, but in the U.S., casual items are favored, which has taught us that it is important that we change the structure of our exhibition and how we show our items, depending upon the place we exhibit.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    森:今回はファッション・ウィークでの発表でしたが、私たちはあくまでもアウトドラブランドとして、機能性を重視したものづくりをしているということをしっかり伝えられるプレゼンテーションにしたいと考えました。また、自然の中で遊ぶことの楽しさを提案したいという気持ちがあるので、会場をなるべく屋外に近い環境にすることを目指しました。演出家と相談しながら、暗闇の中に星空が広がっているかのような空間をつくり、その中でリフレクタ―ステッチというオリジナルの糸や、リフレクターシートなどが光って見えるような演出をしました。

    Mori: Despite the fact that this was an announcement at Fashion Week, we decided to make a presentation placing value on function, to clearly convey our stance as an out-doors brand. In addition, because we also aim to convey the fun of playing in nature, we wanted to create an outdoors-like environment within the indoors venue. Through discussions with the stage director, we created a space that looked like a star filled night sky, so that our original threads called reflector stitch, and reflector sheets would glow in the dark.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    池内:日本の展示会にはなかなか来てもらえないような海外のショップの方に洋服を見ていただいたことは非常に刺激になりましたし、賞をいただいたことで海外はもちろん、日本のショップやお客さまに対しても改めてブランドの訴求をすることができました。パリでさまざまなブランドやショールームを回ったことで得たこともたくさんありましたし、他の受賞ブランドや審査員の方たちとのさまざまな情報交換を通して、自分たちがブランドを成長させるための課題が見えてきたことは、非常に価値のある経験になりました。

    Ikeuchi: Having overseas buyers, who cannot come to Japan to easily, actually see our clothing, was extremely stimulating, and winning the award really helped us in appealing our brand, not only overseas, but also to shops and customers in Japan. At Paris, there was much that we gained by visiting various brands and showrooms. Also, through exchange of information with other award winning brands and judges, gave us insight into subjects that we need to tackle in order for the brand to grow, which was an extremely valuable experience for us.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    森:今後も引き続き、何かしらかの形で海外での発表は続けていきたいと考えています。海外では積極的にブランドの認知を上げるために、何らかのアピールしていく必要性を感じました。一方、国内に関しては、直営店を持つことを視野に入れつつ、商品を買ってもらっているファンの方やアウトドアに興味はあるけれどきっかけがなかったような方たちと一緒に山の中に入るツアーなども行いながら、アウトドア遊びの導入や底上げになるような取り組みにも力を入れていきたいと考えています。

    Mori: We hope to continue announcing overseas in some form or another. In order to actively spread acknowledgement of the brand overseas, we strongly feel a need to appeal in some way. As for domestic developments, while keeping one eye on opening our own direct shop, we are also thinking of arranging nature tours, such as mountain climbing, and other events, for the fans of our brand and for those people who are interested in the outdoors but haven’t had a chance, as an effort to spread the joys and pleasures of outdoor life.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • アヴァロン
    三浦 進

    AVALONE
    Susumu Miura

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    起ち上げ当初から海外での展開は意識していたのですが、最近は海外のメディアやスタイリストからピックアップされる機会も増えていたので、今回のショールームはブランドにとって絶好のタイミングになりました。とはいえ、「showroom.tokyo」に参加するにあたり、クリエーション面で意識的に変えた部分はなく、特に1回目(2016年1月実施)のパリは初めての海外での展示ということもあり、まずは現地の空気感を味わうという意識で現地に向かいました。

    I’ve always been conscious of overseas developments since I first started my brand, but lately, there has been an increase in overseas media and stylists picking up my items, so this showing at the showroom came at a perfect time for the brand. With that said, in participating in the “showroom.tokyo”, I didn’t really change my creative process in any way. Especially for the first time (executed in January, 2016), Paris was my first overseas exhibition ever, so I went in hoping to simply gain a feel of the atmosphere.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    全体的に日本のバイヤーとは視点がだいぶ違うのではないでしょうか。海外のバイヤーは、他のブランドと並んだ時に際立つかどうかという観点からブランドの雰囲気や洋服の表情を見ていて、そうした部分を縫製などのクオリティ面以上に重視しているように感じました。また、今回自分たちがバイヤーとのマッチング以上に意識していたことは、現地のフォトグラファーやスタイリストらとのつながりをつくることでした。現地では、展示会以外の場でも彼らとディスカッションができ、その後一緒にシューティングをする機会なども生まれました。インディペンデントなブランドである自分たちにとって、こうしたクリエイターたちと感性をぶつけ合いながら、オリジナリティがある表現をしていくことは非常に大切で、2回目のパリのショールーム(2016年6月実施)では、そうした部分でも大きな手応えを得ることができました。

    I think, in most part, their point of view largely differs from that of Japanese buyers. Overseas buyers looks at the brand to see if it stands out when lined with other brands, the mood of the brand and expressions that the clothing possess. I felt they are less concerned with quality factors, such as sewing. On the other hand, one thing we were more concerned with than our matching up with buyers, was to make a connection with local photographers and stylists. At Paris, we were able to have discussions with them outside the exhibit venue, which led to later shooting opportunities. As an independent brand such as ours, it is extremely important for us to directly exchange creative senses with such creators, in order to continue making creations with originality. At the second showroom in Paris (executed in June, 2016), we felt a sure response in such aspects also.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    東京での発表に関しては、自分たちのブランドの世界観を表現することに集中しました。自分が惹かれてきたデスメタルやブラックメタルが生まれた歴史背景に着目し、「逆五芒星」をテーマに、6体に絞ったモデルやオーケストラ演奏、儀式的な演出などを通して、禁じられた欲望を解き放つような世界観を表現しました。当初から賛否両論があることを予想していたのですが、カウンターカルチャーの歴史背景を汲み取った表現が若い世代の人たちに新鮮に映ったようで、国内の卸先からはセールスにも良い影響が出ているということを聞いています。また、このショーをきっかけに海外からのコンタクトもあるなど、さまざまな反響がありました。

    As for our announcement in Tokyo, we concentrated on expressing the world view of our brand. I’ve been attracted to death metal and black metal, so I turned my attention to the historic background in which these were born. With a reverse pentagram motif and limiting to 6 models, along with an orchestra performance and a ritualistic production, I tried to express a world view of releasing prohibited desires. From the beginning, I anticipated that it would be received by arguments both for and against, but our efforts in trying to grasp the historical background of counter cultures seems to have been fresh to younger generation, and I’ve received word from our domestic retailers that there has been a good influence on sales. After this show, we’ve received all sorts of positive reactions, including contact from overseas.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    2シーズンにわたってパリで展示をしたことで、ブランドのオリジナリティをより強く打ち出していく必要性を感じました。パリでは、現地のストリートカルチャーを背負っているような人たちとも会ったのですが、彼らのファッションというのは、それぞれが育ってきた環境や生活と直結しているんです。それは、裕福で平和な国で育った日本人のリアリティとまったく違うものですし、自分の本当の感性というものを洋服に落とし込んでいかないといけないということを彼らから教えてもらいました。もちろん、街で着られる洋服をつくることも大切なのですが、自分のアイデンティティを見つめ直し、リミッターを外した状態で表現していくことがこれからの課題です。そして、こうしたことを考えるきっかけになった今回の機会にはとても感謝しています。

    Through the 2 seasons of exhibiting in Paris, I’ve felt the need to more strongly express originality of our brand. At Paris, I had an opportunity to meet with people who are at the center of local street culture, and I noticed that their fashion is directly connected with the background and lifestyle in which each individual grew up in. It is a realty, completely alien from that of most Japanese, who grow up in a plentiful and peaceful country, and they have taught me that I need to reflect my true senses into my clothing. Of course it is important to make clothes that are wearable in town, but my theme from now on, is to re-evaluate my identity, and make creative expressions with my limiter turned off. And I am very thankful for this opportunity, which made me think this way.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    来年の1月と6月にも継続してパリでコレクションを発表する予定です。TFAをきっかけに、つながることができた海外のスタイリストやアーティストたちとは、今後もコラボレーションを続けながら、クリエイティブなものを生み出していきたいと思っています。また、先日はロンドンのPR会社からもオファーをいただいたので、今後は自分たちのクリエーションをメディアなどにもアピールしながら、来年につなげていきたいと考えています。

    I intend to continue exhibiting at Paris, next year in January and June. Also, I intend to continue collaborations with the overseas stylists and artists that I’ve met thanks to TFA, in order to continue giving birth to creative items. Also, we received an offer from a PR company in London, so with their support, we hope to appeal our creations to the media more, which will hopefully connect to business next year.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • コーヘン
    大江 健

    Coohem
    Ken Oe

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    1回目の発表となった2016年秋冬シーズン(2016年1月実施)で、ブランドとして初めてメンズコレクションを発表しました。メンズに関しては以前から展開したいと考えていたのですが、TOKYO FASHION AWARDの審査員の方から、メンズの商品があったら面白いというご意見をいただいたことに背中を押され、自分たちの新しい可能性を切り拓くつもりで「showroom.tokyo」に臨みました。

    At my first exhibition, which was for the 2016 A/W season (executed in January, 2016), we, as a brand, announced a men’s collection for the first time. I had been thinking of a men’s collection from before, but at the TOKYO FASHION AWARD, the judges mentioned that it would be interesting if we had men’s items also, and that gave me the push I needed to challenge something new. So, as a means to cultivate new possibilities for our brand, we challenged ourselves into exhibiting in “showroom.tokyo”.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    スケジュールの関係上、ショールームの前半はメンズのバイヤーが多かったのですが、中盤以降はレディスのバイヤーも来場し、新規のオーダーをいただくことができました。メンズに関しては、最初のシーズンはレディスの延長でつくったところがあったのですが、2回目のショールーム(2016年6月実施)では、逆にメンズ発想のテキスタイルをつくり、それをレディスに展開したことで、これまでにはなかったマニッシュでシャープなアイテムが生まれました。これらのコレクションは海外のバイヤーから非常に好評で、ブランドの新しい切り口が見せられたと感じています。

    Due to schedule reasons, the first half of the term was mainly men’s buyers, but from the middle and beyond, lady’s buyers began to visit, and we received new orders. In the first showing, we created a men’s collection that was sort of an extension of our lady’s collection, but in the second showroom showing (executed in June, 2016), we reversed our way of thinking and created textiles based on men’s items and used that in our lady’s line. Thanks to that, we ended up with mannish, sharp items, like never before. These items were received very well by overseas buyers, and I feel we have been able to show a new facet of our brand.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    ファクトリーブランドである私たちは、「ファッション」と「ものづくり」というふたつの側面を同じくらい大切にしているのですが、東京でのプレゼンテーションは、それを伝える良い機会になると考えていました。自分たちにとっては、シーズンテーマやスタイルを打ち出すこと以上に、ブランド独自の背景やコンテンツを発信することが大切だったので、最新コレクションの発表だけではなく、コレクションのアーカイブ、ボタンや素材などのパーツ、工場の写真や映像なども併せて展示しました。他の受賞ブランドに比べると、かなり異質な発表形式でしたので、どんな反響があるのかドキドキしていたのですが、伝えたいことを直球で投げかけたアプローチに対して、ジャーナリストなどから好意的な反応を得ることができました。

    Since we are a factory brand, we value both “fashion” and “production” aspects in same degrees, and we felt that a presentation in Tokyo would be a good opportunity to express this. For us, it is more important to convey the brand’s original background and contents, rather than setting forth season themes and styles, so along with our latest collection, we exhibited collection archives, bottom and textile parts, and photos, movies of our factory. It was an announcement style very alien from any of the other award winning brands so we were very nervous about the reactions to it, but our very direct approach of what we wanted to convey, received favorable reactions, especially from journalists.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    パリのショールームに来場されるバイヤーたちはレベルが高かったですし、過去に参加していた海外の合同展示会に比べると、ブランドの背景などをゆっくり伝えることができ、とても良い機会になりました。また、私たちは展示会ベースで販路を拡げてきたため、メディアと接する機会はあまり多くなかったのですが、今回このような賞をいただいたことで、さまざまな方面から認知していただくことができ、すでにリクルートなどにも良い影響が出ています。今回のアワード受賞をきっかけにメンズをスタートすることもできましたし、さらにそれをレディスコレクションの進化にもつなげられたことは大きな収穫でした。また、メンズ主体の他の受賞ブランドの方たちと交流する機会を持てたことも良い刺激になりました。

    The level of the buyers visiting the showroom was high, and compared to the other overseas joint exhibitions we’ve participated in the past, we were able to convey the background of our brand more extensively, so it was a very good opportunity. Also, because we’ve been spreading our sales channels, mainly through exhibition booths, so we haven’t had much opportunities to meet with the press, but by being awarded such an award as this one, we’ve received acknowledgement from all sorts of directions, and positive effects are already appearing, for example, in our recruiting efforts. Thanks to winning this award, we were not only able to start our men’s collection, but were also able to extend that into our lady’s collection to make it evolve, which was a great gain for us. In addition, exchanging information with other men’s based award winners, was quite stimulating for us.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    今後も継続して海外での発表を続けていく予定です。これまでは、年4回の国内展示会に加え、海外でも2回の展示をしていたのですが、来年はこれらに加えて、「showroom.tokyo」にも引き続き参加しながら、今後どのような形で発表を続けていくことが自分たちにとってベストなのかを探っていくつもりです。また、ブランド全体のトピックとしては、2017年秋冬シーズンにロゴやWebサイトを含めた全体のリニューアルを予定しており、それを機にメンズコレクションの卸も本格的にスタートします。中長期的な目標としては、小さなファクトリーを併設した直営店を開くということもいずれ実現させたいと考えています。

    We intend to continue announcing overseas. Up to now, we had being holding four exhibitions in Japan, and two exhibitions overseas annually. From next year, in addition to this and continued participation to “showroom.tokyo”, we would like to consider the best way to continue announcements for our brand. Also as a topic for our brand as a whole, starting from the 2017 A/W season, we are planning an overall renewal, including our logo, and WEB site, and with this, we plan to put our men’s collection into full production and sales. As for our mid to long term goal, we would like to realize the opening of a direct shop with a small factory attached to it.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • ネーム
    清水 則之

    Name.
    Noriyuki Shimizu

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    海外での発表は初めての経験だったので、特に1回目に関しては、そもそもショールームがどんなものなのかもよくわかっていない状態でパリに向かいました。当然ながら、海外で販売すると、関税がかかりかなり高くなってしまいます。それでも仕入れたいと海外のバイヤーさんに感じてもらえる要素が必要不可欠だと考え、目を引きやすいデザイン要素を意識的に盛り込みました。その結果、特に1回目のコレクションは予想以上に価格が上がってしまったのですが、そうした部分も含め勉強になることが多く、自分たちの課題も明確になったと感じています。

    I had never announced overseas before, so especially in the first time, I went to Paris not even knowing what a showroom really is. Naturally, customs duty becomes quite high when selling overseas. And I realized that I absolutely need aspects that will make overseas buyers want to buy my products, despite this, so I became conscious of incorporating eye catching design aspects. As a result, the prices of the first collection especially ended up much higher than expected, but I feel I learned so much, even from this sort of negative experience, and that our tasks have come into clear view.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    日本での展示会と比べると、一点一点のアイテムを見ていただく時間が短かったこともあり、やはりディテールや風合いなどにわかりやすい提案を入れたものが、たとえ価格が高いものでもピックアップされるケースが多かったです。そうした様子を見ていて、ある程度バイヤーの方たちが編集しやすいような打ち出しをしていく必要性を強く感じました。また、2回目のショール―ムでは、1回目にピックアップしていただいたバイヤーのレスポンスが良くなっていたことからも、1シーズン限りではなく、継続することで浸透していく部分も少なからずあるように思いました。

    Because the time is limited compared to exhibits in Japan, they were not able to examine each item closely, so I found that those items with eye catching details and clear suggestions, had a tendency to be picked up, even if the price was high. Seeing this, I felt a strong need to arrange my presentation in a way to make it easier for the buyers to edit. Also, from the fact that the response of the buyers who picked up my items at the first time was better at the second showroom, I feel that continued exhibit leads to further penetration, rather than just one season.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    以前からショーのような発表形式には漠然と興味を持っていたので、非常にやりがいがある取り組みでした。普段のコレクションでは明確なテーマを設定しないことが多いのですが、今回はショーということもあり、「アンビバレンス」というテーマのもと、海外での発表を意識してつくったアイキャッチなアイテムと、以前から継続して取り組んできたブランドの核となるアイテムを対比して見せることを意識しました。実は、当初はインスタレーションでの発表をイメージしていて、ショー形式で見せることは急遽決まった感じではありましたが、結果として短時間で瞬発力がある表現ができたことは効果的だった気がしています。これまではあまり接点がなかったメディア関係者に見ていただいたり、ショーを終えた直後に海外からのコンタクトがあったりと、さまざまな反響が得られました。

    I’ve had a vague interest in announcing my collection in a show style, so this was an attempt which I felt extremely worthwhile. Normally in my collections, I don’t set a clear theme, but since this time was a show, a created a collection under the theme of “ambivalence”, with a contrast of eye-catching items keeping in mind oversea sales, against core items of the brand which I’ve been continuing from before. To tell you the truth, at first I was planning to announce in installation style, and talks of the show sort of popped out of nowhere, but as a result, thanks to the lack of time, I think the collection ended up with an instantaneous force, which was quite effective. Thanks to the show, I received all sorts of reactions, for example, my collection was seen by the media, whom I’ve never really had much contact with up to now, and I received contact from overseas, right after the show.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    おぼろげにやってみたいと思っていたことにチャレンジでき、非常に良い機会になりました。海外での展示と国内でのショーをすることで、どの程度のコストがかかるのかということなど勉強になることが多かったですし、1回目のTFA受賞者をはじめ、すでに海外でのビジネス経験を持つ方たちのお話をお聞きする機会もあり、とても参考になりました。

    It has been an extremely good opportunity in that it enabled me to challenge things that I had was only vaguely interested in. By experiencing overseas exhibitions and domestic shows I learned a lot, for example, what kind of costs are involved. It also gave me opportunities to speak to designers who already have experience in overseas business, including the winners of the first TFA, which provided me with many useful information.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    今後も海外での発表は続けていきたいと考えています。たとえ海外のショップと取引が始まったとしても、店頭実績が出なければ難しいですし、何よりも大切なことはしっかり継続していくことだと思います。僕たちの会社はまだ経験が少なく、スタッフみんなで考えながら一つひとつのことにチャレンジしているような段階なので、今後はこれまでに続けてきたことをブラッシュアップしていく必要があると感じています。また、これまでの経験上、無理に何かを推し進めようとしても良い着地をしないケースが多いので、縁やタイミングというものを大切にしながら、着実に活動を続けていきたいですね。

    I’d like to continue announcing overseas. Even if transactions with overseas shops starts, if my items don’t sell well on the sales floor, continuance with that shop will be difficult. And above all, I think that continuance is the most important thing. Our company still lacks experience and up to now, we’ve overcome each challenge, step-by-step, with our whole staff putting our heads together every step of the way, but I think we’ve come to a stage when we need to brush-up on what we’ve been doing. Also, from past experience we know that if we try to push something by force, it tends to end-up in failure, so we would like to steadily continue our activities, whilst placing value on timing and chance.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • ウィズ リミテッド
    下野 宏明

    WHIZ LIMITED
    Hiroaki Shitano

    2シーズンにわたってパリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表するにあたり、どのような意識で臨みましたか。You’ve been announcing your collection at the Paris showroom, “showroom.tokyo”, for two season. What were you conscious of in announcing your collection?

    TOKYO FASHION AWARDの1回目の受賞デザイナーの落合くん(FACETASMデザイナー)からアワードの存在を教えてもらったことがきっかけです。ありがたいことに選んでいただきましたが、実はもともと海外への意識が強かったわけではなく、パリでの展示のために意識的に変えた部分はありませんでした。自分たちは過去に海外での展示会やショールームを経験したことがなかったので、特に1回目のパリでのショールーム(2016年1月実施)では、色々勉強させてもらうつもりで臨みました。

    Award winner of the 1st TOKYO FASHION AWARD, Mr. Ochiai (designer of FACETASM), telling me of the existence of this award, was how I got started. I was truly thankful for getting chosen, but quite honestly, I don’t originally have any plans or aspirations towards overseas developments, so I didn’t tune myself especially for the exhibition in Paris. We hadn’t had any experience of showing at overseas exhibitions or showrooms, so especially for the first time at the Paris showroom (executed in January, 2016), we went in hoping to learn.

    現地のバイヤーの反応についてお聞かせ下さい。How was the reaction of the buyers in Paris?

    いくつかオーダーはいただきましたが、完全にゼロからスタートし、海外のバイヤーに振り向いてもらうためには大変なことだと感じました。特に自分たちのようなブランドは、Tシャツ一枚をラックに掛けるだけではなかなか世界観を伝えにくいので、土俵として難しい点もあり、さらにブランドが認知されていない状態からビジネスを成立させるのは並大抵なことじゃないと痛感しました。そもそも海外まで来て、数件のオーダーで一喜一憂しているような悠長なことはしていられないという危機感を覚えましたし、今後海外で継続的に展示を続けたとして、それがビジネスとして成立するのかということなども含め、今後のブランドの動きについてかなり考えさせられました。

    We received some orders, but we realized how difficult it would be to start from zero, and have overseas buyers notice us. Especially for a brand such as ours, it is difficult to convey the brand’s world view by simply hanging a T-shirt and the basis itself being difficult. Plus, it became painfully clear how difficult, virtually impossible it would be for an unknown brand to realize business. We felt a sense of crisis from the fact that, having come all this way to a foreign country, we were making a fuss, smiling and crying over a few orders. Assuming we continue overseas exhibitions, it made us consider hard and strong whether we will be able to establish ourselves as a business, and about future developments of the brand.

    今年3月に行われた東京のファッション・ウィークでのイベントについてはいかがでしたか。What is your impression of the event during Fashion Week TOKYO, this past March?

    昨年3月にブランド15周年を記念したランウェイショーを行い、それを最後に当分ショーはしないつもりだったので、今回思わぬ発表の機会が与えられ、どのような見せ方にするか正直悩みました。色々考えた末に、過去のファッション・ウィークで行ってきたショーとは少し違う意識で、原宿をベースにしているうちのブランドらしいプレゼンテーションをしようと決め、プロや外国人のモデルは使わずに、ストリートにいるミュージシャンなど最近活躍し始めている若い日本人を中心に起用しました。結果として、周囲からは今までで最もWHIZ LIMITEDらしいショーだったという声が多かったですね。パリの「colette」のサラさんもショーの直後に連絡をくれて、「すごい良かった」と言ってくれました。そして、早速うちのショールームに商品を見に来てくれて、オーダーしてくれました。

    We held a runway show last March, celebrating our 15th anniversary, and we had been thinking this would be the last for the time being, so this opportunity came to a surprise for us, and to be quite honest, it was a difficult decision. After careful consideration, we decided to make the presentation with a different mind than our past shows at the Fashion Week. Since we are a brand based in Harajuku, we decided to show a presentation befitting our location, using, for example, street musicians and young Japanese attracting attention lately as models, instead of professionals and/or foreign models. As a result, we received word from many people that it was the most WHIZ LIMITED-like show we ever did. Ms. Sarah of ‘colette’ in Paris, contacted us right after the show to tell us “it was really great”. She immediately came to our showroom to look at our items, and even placed an order.

    TOKYO FASHION AWARDのプログラムに参加したことは、ブランドにとって、どのような経験になりましたか。What kind of experiences has your brand gained by participating in a program of the TOKYO FASHION AWARD?

    海外での展示を経験したことで、自分が日本人、アジア人であるということを強く意識させられましたし、それがインスピレーションソースとなり、クリエーションにも反映されました。ビジネスに関しては、正直まだまだわからないことばかりですが、「showroom.tokyo」に参加してみて、やみくもに展示を続けるだけでは現地のバイヤーを本気にさせることは難しいということを強く感じました。例えば、TOKYO FASHION AWARDの受賞者の中でグランプリを決めて、そのブランドがパリのファッション・ウィークでランウェイショーを行うなど、もっと積極的な発信をしていくことで注目度を高めていくということをしても良いのではないかと思いました。

    By experiencing an overseas exhibition, it made me strongly aware that I am a Japanese, an Asian, and that awareness became an inspiration source, which is reflected in my creations. As for business, to be honest, there’s still so much I don’t know yet, but having participated in “showroom.tokyo”, I strongly feel that simply continuing overseas exhibitions blindly, is not enough to impress local buyers. I think it might be a good idea, for example, for Grand prix winning brands of the TOKYO FASHION AWARD to be given a chance to do a runway show at the Paris Fashion Week or something, to aggressively appeal and gather local attention.

    今後の展望について教えて下さい。Please tell us of your future plans.

    海外でのビジネスは、特に場所を限定せず、チャンスがあれば引き続き取り組みたいです。今回パリで展示をした時の感覚は、東京で初めてショーをした頃と似ているように感じます。当時もショーを4シーズン続けたことで、それがブランドにとってどんな意味があるのか見えてきたところがあったので、「showroom.tokyo」に関しても、来年の2シーズンも継続することで、海外でのビジネスの仕方などをもう少し知りたいですね。

    As for business overseas, as long as I have a chance, I intend to continue challenging, without limiting to any particular place. I think that the sensations I felt at the Paris showroom this time, are similar to the sensations I felt when I held my first show in Tokyo. Back then, I learned the value of shows for our brand by holding shows for four consecutive seasons, so for the “showroom.tokyo”, by continuing again for another two seasons next year, I hope I’ll be able to get a stronger feel for business overseas.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • showroom.tokyo S/S 2017

    「TOKYO FASHION AWARD」は、6月24日から29日まで、3回目となる本事業単独のショールーム「showroom.tokyo」をパリにて開催しました。
    昨年10月に発表された第2回受賞デザイナーの6ブランドと、第1回に受賞し継続支援を受けている3ブランド、合計9ブランドが2017年春夏コレクションを展示いたしました。
    今シーズンも欧米、アジア、中東、アフリカなど、さまざまな国のバイヤーがショールームを訪れ、6日間の会期中で前回を上回る約90件のバイヤーが来場し、プレスや取材も含めると合計140組が来場するなど盛況のうちに終了しました。また、今回も初日夜にはカクテルレセプションを行い、関係者やプレス、来場者が受賞デザイナーとの歓談を楽しみました。

    “TOKYO FASHION AWARD”, held its original showroom exhibition in Paris, “showroom.tokyo”, for the third time, between June 24th - 29th.
    A total of 9 brands, 6 award winning brands of the 2nd Award of last October, and the 3 award winning brands of the 1st Award, receiving continued support, exhibited their 2017 S/S collection.
    This season again, buyers from around the world, including the U.S., Asia, Middle East, Africa, have visited the showroom. The exhibition ended in a great success, with approximately 90 buyers visiting the showroom over the 6 day period, surpassing the number of buyers visiting last time, and if we include media and interviews, there was a total of 140 visitors. This time again, a cocktail reception was held on opening night, and the media, related personnel, visitors, all enjoyed pleasant conversations with award winning designers.

    Date:Friday, June 24th ~ Wednesday, June 27th, 2016

    Location:Espace 5 Bis (5 Bis rue Froissart, 75003 Paris)

    Reception Party:June 24th, 2016 @Espace 5 Bis

    Brands:

    【TFA 2016 winners】ETHOSENS, and wander, AVALONE, Coohem, Name., WHIZ LIMITED

    【TFA 2015 winners】D.TT.K, sulvam, FACTOTUM

    前列左から、下野宏明[WHIZ LIMITED]、三浦進[AVALONE]、橋本唯[ETHOSENS]
    後列左から、藤田哲平[sulvam]、清水則之[Name.]、大江健[Coohem]、有働幸司[FACTOTUM]、森美穂子[and wander]、池内啓太[and wander]、DETTO K [D.TT.K] (すべて敬称略)

    Reception Party


    TFA 2016 winners

    ETHOSENS


    and wander

    AVALONE

    Coohem

    Name.

    WHIZ LIMITED

    TFA 2015 winners

    D.TT.K

    sulvam

    FACTOTUM

  • showroom.tokyo A/W 2016

    Date:Friday, January 22nd ~ Wednesday, January 27th, 2016

    Location:Espace 5 Bis (5 Bis rue Froissart, 75003 Paris)

    Reception Party:January 22nd, 2016 @Espace 5 Bis

    Brands:

    【TFA 2016 winners】ETHOSENS, and wander, AVALONE, Coohem, Name., WHIZ LIMITED

    【TFA 2015 winners】D.TT.K, sulvam, FACTOTUM, writtenafterwards / written by

    TFA 2016 winners

    ETHOSENS


    and wander

    AVALONE

    Coohem

    Name.

    WHIZ LIMITED

    TFA 2015 winners

    D.TT.K

    sulvam

    FACTOTUM

    writtenafterwards / written by

  • エトセンス
    橋本 唯

    ETHOSENS
    Yui Hashimoto

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    海外へのアプローチをどのように行うかを考えていたタイミングでもあり、TOKYO FASHION AWARDは審査して頂く方、支援して頂ける内容に非常に魅力を感じていたため応募いたしました。

    I was thinking of a way to approach overseas markets, and was very attracted to the judges of the TOKYO FASHION AWARD, and the supports they offer. That is why I decided to apply.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    嬉しい気持ちと、とても身の引き締まる気持ちでいっぱいでした。
    またこのような機会を与えて頂き、選んで頂いた方、今まで関わって頂いた方、またETHOSENSを着て頂いている全ての方に感謝しております。ありがとうございました。

    I was happy, and felt tense at the same time. I would like to take this opportunity, to express my most sincere appreciation to those who gave me this chance, those who chose me, those who have supported me along the way, and all those who have chosen to wear ETHOSENS. Thank you.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    他のコンテストやアワードに応募したことがないので詳しいことは分かりませんが、第一線で活躍されているリアルなバイヤーの方が審査員になられているところが、他のコンテストなどとの違いかと思いました。

    I have never applied to any other award so I can’t say for sure, but I think that perhaps, the fact that the judges are active buyers, is different from other awards.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    気負うことなく、いつも通り進化していくことを目標にチャレンジしていきたいと思います。
    また、このような貴重なチャンスを頂いたので、着実に結果に結びつけられるよう制作に励みたいと思います。

    My aim is to keep challenging, keep evolving in my usual pace, without becoming overly eager. And, since I have been blessed with this precious chance, I will work hard to create cloths that will bare definite results.

  • アンドワンダー
    池内 啓太/森 美穂子

    and wander
    Keita Ikeuchi / Mihoko Mori

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    海外へのビジネスを模索して、パリとニューヨークで展示会を行っていたのですが、より多くのバイヤー、メディアの方達に見てもらい、販路を広げていきたいと思い応募しました。

    We were looking for a way to spread our oversea business, and as an effort, we were visiting exhibitions in Paris and New York. But we felt that through this award, we could have more buyers and media see our work in order to spread our sales channels, and so we applied.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    このような賞を頂くことが出来て大変光栄です。
    「賞」とは無縁なブランドだと思っていたので、選んで頂いたことに少し驚いています。
    いつも物作りを支えてくれている、生地メーカー、縫製工場、取引先各社に感謝の気持ちで一杯です。

    We feel extremely honored to receive such an award. We thought that our brand was one that would have nothing to do with ‘awards’, so we are a bit surprised, being chosen. We are filled with appreciation towards the textile makers, sawing factories, and all our companies that always support us.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    ブランドにとって、賞を頂いて終わりではなくて、その後の海外でのビジネスを後押しすることが目的になっていることがとても魅力的です。
    グローバルに一線で活躍しているバイヤーが審査員だという点も素晴らしいと思います。
    受賞ブランドが、結果を出して評価を上げていくことでますます価値のあるアワードになっていくのではないでしょうか。

    The attraction of this award is that, winning it is not the goal, but rather a start in getting supportive backup to develop business overseas. And it is fabulous that the judges consists of globally active buyers. As the awarded brands go out into the world and achieve results, I think that the value of this award too, will arise along with them.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    and wanderらしい機能の追求と、デザイン性、アウトドアウエアの新しい提案を世界に向けて発信していければと思っています。
    国内での展開と同じく、アウトドアマーケット、ファッションマーケットそれぞれから評価をされるブランドを目指していきたいと思います。
    今まで以上に商品を多くの方に見て頂ける機会を活かせるよう、日々確実に物作りを積み重ねていきたいと思います。
    地に足をつけてしっかりと海外でのセールスを継続させていくことが大事だと思っています。

    The theme of ‘and wander’ is the pursuit of function and design in outdoor wear. We hope to continue introducing such new outdoor wear to the world. Our aim is to become a brand which is appreciated by both the outdoor market and the fashion market. In order to have more people actually see our products, we will work hard, and we feel that it is important to be down to earth in oversea sales.

  • アヴァロン
    三浦 進

    AVALONE
    Susumu Miura

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    15S/Sより海外メディアの反響などがあり、本格的に海外への進出を考え始めました。

    Since the 15S/S season, I had been getting many reactions from overseas media, and so I had started to think about the overseas markets.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    大きなチャンスを頂けたという気持ち、そして本当に試される時が来たんだなと思いました。

    I feel I have been blessed with a really big chance, and that the time has come for me to be truly challenged.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    審査委員の方々の真剣な取り組みなどがTFAの良い所だと思いました。

    I think the seriousness in how the judges involve themselves in TFA, is great.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    まず1月のパリのショールームが始まる前に海外メディア、海外のSHOP関係に自らアクションを起こし、より多くの方々に来て頂ける努力をしようと思います。
    そして、必ず結果を出せるよう頑張るのみです。

    First, before the Paris showroom starts in January, I intend to do my best in approaching overseas medias and overseas shops myself, in order to have as many people as possible to come to the showroom. And, the rest is, to do my best to achieve results.

  • コーヘン
    大江 健

    Coohem
    Ken Oe

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    これまでTRANOIなどの海外の合同展示会に出展し販路を開拓してきたが、どうしても合同展示会の形式だと有名セレクトショップのバイヤーとのコンタクトが取りにくい状況だった。メンズのファッションウィークでウィメンズのプレシーズンにあたる時期にショールーム形式で見せることができるTFAを知り、是非このチャンスを生かして海外のバイヤーにアピールしたいと考えた。

    Up to now, we’ve been showing the collection at tradeshows such as the TRANOI, as an effort in developing overseas sales channels, but the problem with such tradeshow is that it is difficult to make contact with buyers of famous stores. Then, we found out about TFA, and its way that has showrooms during the men’s fashion week, which is, also the women’s pre-collection timing, and I felt I must make good use of this chance to appeal to overseas buyers.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    私たちのようなファクトリーブランドがこのようなファッションの分野でアワードを受賞したケースは珍しく、とても嬉しく思います。
    ファッションは多様化しブランドの形態やバックボーンも様々のこの時代に、自社の生産背景で徹底的にモノづくりをしている独自性を世界に向けて発信していきたい。

    It is rare that a factory brand, such as ourselves, have won such an award, and so it is a great honor. Fashion has become so diversified, with so much variety in the forms of brands and their backbones. I would like to introduce to the world, our unique production process, backed by our sure creative experience.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    審査員が現在、活躍されているバイヤー陣という点が新しいと感じます。
    また、受賞ブランドには海外販路開拓を目的としたショールームを開設、支援するという流れがビジネスにもつながる点で非常に有意義なアワードであると思います。
    受賞者にもビジネスとしての結果を残すという意識が持てるため今後も継続して欲しいと考えます。

    I think, the concept of having presently active buyers judge the award, is new and original. And, this award supporting the awarded brands to open an overseas showroom in order to develop international sales channels is very significant. It also makes the awardee aware that they must show results as a business, and therefore I hope that this award will continue.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    貴重なこのチャンスを生かすために、ウィメンズ中心のブランドだが一部メンズにも挑戦してブランドの新しい可能性を試してみたいと考えています。
    また、自らも海外の既存取引先や営業をしているところをショールームに呼んで、ビジネスとしての結果も意識していきたい。

    Since we have been blessed with this precious chance, although we are a women’s wear brand, we intend to challenge ourself to include some men’s wear, to seek new possibilities for the brand. Also, we intend to invite existing overseas business connections to the showroom, and consciously stimulate business, in order to achieve results.

  • ネーム
    清水 則之

    Name.
    Noriyuki Shimizu

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    海外での展開を思案していた際に、何かきっかけになればと思い応募させて頂きました。

    I had started contemplating overseas business developments, and thought this might be a good chance, so I applied.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    非常に光栄でした。

    I felt extremely honored.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    世界中で様々な服や物を見て御活躍されている、著名なバイヤーの方々に見て頂きビジネスと物作りのバランス含め審査して頂けるのは、非常に得難い機会なのではと思います。

    The fact that the panel of judges consists of famous buyers, who travel around the world looking for marketable cloths and items, and judges, not only for design, but also on the balance of business and creativity, makes this an extremely rare and valuable opportunity.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    新たなステージに挑戦できることが何より嬉しく、その気持ちをクリエーション、ビジネス共に反映させることが責務だと考えます。

    I can’t tell you how happy I am to be able to challenge this new stage, and I feel it is my responsibility to reflect and fully utilize these feelings in both my creations and business.

  • ウィズ リミテッド
    下野 宏明

    WHIZ LIMITED
    Hiroaki Shitano

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    前回受賞した友人からこの賞のことを聞いて、もしチャンスがあるならでてみたいなと思いました。

    I heard about this award from a friend who was an awardee last time, and felt, if there is a chance, I too would like to try.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    嬉しさと同時に次に向けての緊張感が走りました。

    I was filled with happiness, and tension at the same time, towards the next step.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    現役のバイヤーさんに洋服を見ていただきリアルな評価をされ受賞できるところがTFAの面白さかなと思います。

    In my opinion, what makes TFA unique is that, applicants are judged by active buyers, and are awarded based on realistic appraisals.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    ブランド設立16年目にまた新しい挑戦ができることを楽しみながら経験だけで終わらせないように結果も大事にしていきたいと思います。

    I would like to fully enjoy this new challenge that I’ve been blessed with in the 16th anniversary of this brand, but also commit to showing results, so it does not end as an experience.

  • TFA2016審査会-審査員コメント
    TFA 2016 Selection meeting - Comments from the juries

    2015年8月末、TOKYO FASHION AWARDとして2回目の審査会が行われました。
    30組以上のエントリーデザイナーの中から、TFA2016の最終選考に進む12組のデザイナーが選ばれました。
    審査会後、6名の審査員に総評やエントリーデザイナーの印象などを伺いました。

    On the end of August, 12 designers were selected from about over 30 brands that had applied.
    We did some interviews to the 6 TOKYO FASHION AWARD juries from Japan about this selection meeting.

    株式会社阪急阪神百貨店
    ラグジュアリー商品統括部 紳士インターナショナルデザイナーズ商品部
    宮本 智美

    HANKYU HANSHIN DEPARTMET STORES, INC.
    International Collection / Men’s Fashion Department Buyer
    Tomomi Miyamoto

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    前回は、たくさんあるブランドの中からトレンド性やアート性、ファブリックの特徴などテイストのカテゴリーを分けて審査させていただいたことがポイントになっていたと思います。
    今回は、日本でしか出来ない縫製や素材の使い方、商品の表現力、商品展開のバランスを中心に商品を拝見させて頂き、検討させて頂きました。

    Last time we took into consideration different things separately such as ability to set a trend, art elements, fabrics’ characteristics by the category of the brands.
    This time I had the chance to take into account also other elements such as manufacture and materials details that are only available in Japan, the expression of each items and the whole collection.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    商品の打ち出し方や方向性がはっきりしているブランドが多く、イメージが伝わりやすいと思いました。

    I noticed that the brands each have a clear vision on how to launch their collections and to whom it is addressed and this image was easily conveyed.

    TFA2015受賞デザイナーの2シーズンの活動(パリでの展示会、東京での凱旋ショーなど)を振り返ってHow were the TFA 2015 designers’ achievements. Their showrooms for 2 seasons and their shows in Tokyo.

    2015年1月と6月のパリのショールームでは、6月は1月に比べショールームの面積も約2倍になり、ショールームを訪れる海外のお客様も多く、非常に賑わっていたのでTOKYO FASHION AWARDが日本を代表するアワードだと認知されだしていることを実感しました。

    The showroom areas in Paris doubled their size from January to June and overseas costumers’ visits increased sensibly so I thought that TOKYO FASHION AWARD is getting to get recognized widely as an award that represents Japan.

    株式会社阪急阪神百貨店
    第一婦人服商品統括部 婦人服第一商品部 バイヤー
    芝崎 慶子

    HANKYU HANSHIN DEPARTMENT STORES, INC.
    International Collection Women's Fashion Department Buyer
    Keiko Shibasaki

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    初めて参加させていただき緊張もありましたが、普段あまり仕事で触れることのないメンズコレクションも拝見することができ、楽しみながら審査させていただきました。
    限られた時間の中で30以上ある応募ブランドの資料に目を通し、選定するというのは想像以上にハードで、一次審査においてはひと目見ただけでブランドの世界観を印象づけるLOOKBOOKやイメージビジュアルが作れるかどうか、というのが大きなキーになるというのを改めて感じました。

    It was my first time so I was a little bit under pressure but I had fun while being the judge: I had the chance to take a look to men’s collection, something I usually don’t deal with while working.
    In a limited time you have to see over 30 different brands and it is really hard to take a decision. I noticed that it is important to make their visual image and LOOKBOOKs impressable and understandable.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    前回エントリーブランドの詳細は分かり兼ねますが、受賞ブランドを拝見させていただいた限りでみるとすでに国内外での認知度、ブランドとしての完成度の高いところが多かったように感じます。それを踏まえると今回のエントリーブランドはLOOKBOOKをはじめコレクション全体の構成など、まだ荒削りな印象を受けるブランドが多かったです。あくまで資料を拝見しただけにすぎないので、実物を確認した際にどのような印象を受けるのか、楽しみです。

    I don’t have much information about last time’s entrée, but I thought that the awarded brands are both known abroad and in Japan, and also are very completed as a brand.
    Compared to that, this time’s entrèes are a bit rough, looking at their LOOKBOOKs and the whole collection. This, I thought just by looking at the documents but I am looking forward to seeing their actual clothes.

    株式会社 三越伊勢丹
    伊勢丹メンズ館 インターナショナルクリエーターズ バイヤー
    高橋 裕二

    Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.
    ISETAN MEN’S International Creators Buyer
    Yuji Takahashi

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    前回同様、デザインの創造性や素材、ディテール、モノづくりへのこだわりといった審査基準に加え、次世代デザイナーとして活躍が期待できるか、という点も踏まえ、選考しました。まだ経験が浅くても、今後、海外に向けてコレクションを展開していきたいという意気込みのあるデザイナーを応援したいと思っています。

    As last time, the criteria used to give the award were: materials and creativity, strong commitment to creations’ manufacture as well as strong will to become the next generation designer. Even for those with little experience, we wanted to support those designers with enthusiasm and willing to showcase their collection overseas.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    2015年度の活動の効果もあってか、前回よりも若い世代のデザイナーが増えてきている印象があります。海外や国内での大きいショーやプレゼンテーションを経験していないブランドも多いため、今後どのように進化していくのか注目しています。

    I’m under the impression the younger generations have been increasing since last year probably because of the achievement from last year’s winners. I’m looking forward for the brands with little experience both nationally and internationally in large show or exhibitions to grow.

    TFA2015受賞デザイナーの2シーズンの活動(パリでの展示会、東京での凱旋ショーなど)を振り返ってHow were the TFA 2015 designers’ achievements. Their showrooms for 2 seasons and their shows in Tokyo.

    6デザイナーそれぞれ個性が強くありつつもぶつかり合わず、東京デザイナーというひとつのテーマで括っても誰も外れないようなまとまり感がありました。それは6ブランドの中にさまざまなテイストが存在していて、東京らしいミクスチャー感を出せたからだと思います。
    TFA2015の実績として、海外の有名ショップの取り扱いが決まったり、TFA自体も国内だけでなく海外のショップ関係者にも浸透しているようで、面白い取り組みをしているという声が聞こえてきており、アワードとしてはすごく良い形で進んでいると思います。2回目はどういうデザイナーが選ばれるのか、アワードとしてどういう進化があるのか、と動向が注目されていて、期待値が高まっていると思います。審査員として、そういった求められる部分をどうクリアしていくかという責任を感じつつ、微力ながらそれに応えたいと思っています。

    Each of the 6 designers have a very strong personality but we all felt there was some sort of unity between them that we cannot just diminish using the definition of “Tokyo designers”. The 6 brands showcased a variety of style perfectly representing that unique Tokyo’s “mixture of feelings”. The designers awarded were able to approach the international market and the TFA itself is becoming to be known not only in Japan but worldwide also and I think it is a very good progress.
    I think there are a lot of expectations this time: who’s the winner, how the award itself evolved. As part of the jury, I really felt the responsibility of keeping up the expectations and will do all my best.

    株式会社 三越伊勢丹
    リ・スタイル プラス、リ・スタイル レディ、ブランド バイヤー
    寺澤 昌吾

    Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.
    Re-Style PLUS, Re-Style LADY, BRAND Buyer
    Shogo Terazawa

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    今回は書類審査のため、数字面から汲み取れるビジネス規模や、ルック写真からも伝わってくるような強い個性があるかなどが審査ポイントになります。海外ではデザイン面でのインパクトも重要な要素になるため、海外のショールームで並んでいるところを想像できるか、ということも大切です。
    前回のデザイナー6人が、それぞれ個性がありつつも、全体としてうまく東京ブランドを表現していると感じていましたが、今回初めて審査会に参加させていただき、そういった全体としてのバランス感も海外で見せていくためには必要だということを感じました。

    This time I took into consideration some strong points: as first thing, from the business point of view, the scale of the business; as second thing, from the lookbook photos, whether if I could perceive a strong personality. These design impact is very important in the international market and also it is important if you can imagine the brand in the international showrooms. The previous 6 participants, even with their own strong personalities, where representing Tokyo’s style as a whole. This time, being part of the jury for the first time, I understood that this is important to approach and succeed on the international market.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    ベテランから若手まで幅広いデザイナーがエントリーしている印象です。今の東京らしく様々な要素のミックス感を打ち出そうとしているブランドが多かったように感じます。

    I had the impression this year we got a good balance between “seniors” and “emerging” designers. It seemed there were a lot of brands characterized by Tokyo-inspired mixed elements.

    TFA2015受賞デザイナーの2シーズンの活動(パリでの展示会、東京での凱旋ショーなど)を振り返ってHow were the TFA 2015 designers’ achievements. Their showrooms for 2 seasons and their shows in Tokyo.

    6月のパリのショールームを拝見しましたが、会場の立地が良く、見せ方としても趣向が凝らされていましたし、来場した海外バイヤーたちにも商品を見てすぐに良いものだと認識されていたようでした。今後もブランドごとの世界観をきっちり見せられるようなショールームになると良いと思います。

    In June I had the chance to take a look at the showroom.tokyo in Paris: the location is perfect and the space concept has been well elaborated to show the collection, and the international buyers seemed to recognize the brands’ strengths. I hope for showroom.tokyo to keep showing the brands’ atmosphere.

    株式会社サザビーリーグ リトルリーグカンパニー
    ロンハーマン ウィメンズディレクター
    根岸 由香里

    SAZABY LEAGUE, Ltd. LITTLE LEAGUE COMPANY
    Ron Herman Women’s Director
    Yukari Negishi

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    前回と同じく、①世界で通用するブランドなのか、②独自性があるか、という2点を軸として審査しました。また、前回の受賞ブランドの海外展示会での実績を踏まえ、海外の各ショップが求めるテイストの違いなども加味して審査に盛り込んでいます。
    いち バイヤーとしてのフィルターだけですと幅が狭くなってしまうため、いつもと違う頭で審査に臨んでいます。

    Like last time, what I took into consideration were two fundamental points: whether the brand has potential to become popular worldwide and whether the brand has something extremely unique.
    In addition, based on overseas exhibitions track records of last season’s winner, we also took into account overseas customers’ different needs and taste. As a buyer, I decided to adopt a more innovative point of view in order to narrow down the choice.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    前回はメンズ色が強かったのですが、今回はウィメンズブランドも増えたことにより選択肢の幅が増えました。また、知らなかったブランドが多く、バイヤーとしても審査していて面白かったです。
    ただ、前回の方が既にショーなども開催している経験をつんだブランドも多く、実力差がはっきりとしていたため、比較的すんなり決まりました。
    今回は新しい才能が多くみられ、前回のメンバーとはまた違った感じだったので、審査会では最終絞り込むのに皆で何度も意見を出し合いました。
    “知られていない”という部分が逆に新しさという強みになるのではないかと思っています。

    While last time there were many men’s brands, this time women’s choice increased sensibly. Moreover there were a lot of emerging brands and it has been very interesting as a buyer to have the chance to evaluate their creations. However last time, the award assignation was pretty smooth as we recognized superior skills of brands that were doing very good last time. This time all the judges had the chance to truly admire new talents and the entire panel had several moments of brainstorming. I believe that “Newness” will become their strength.

    TFA2015受賞デザイナーの2シーズンの活動(パリでの展示会、東京での凱旋ショーなど)を振り返ってHow were the TFA 2015 designers’ achievements. Their showrooms for 2 seasons and their shows in Tokyo.

    TFAの審査に携わった人間として、第1回目に選ばれたデザイナー皆さんが、順調に海外の卸先が決まったと聞き非常に嬉しかったです。
    才能はあるのに色々な面で海外で勝負することができなかったブランドも多く、実際にデザイナーさんたちに話を聞くと、皆さん「本当にこのアワードがあって良かった」と口にされておりました。また、このアワードを通して様々な人たちと知り合うことにより、特に若手のデザイナーさんは、経験ある先輩デザイナーさんたちに囲まれ、色々な学びがあったことと思います。
    もっとこの機会を多くの方に知っていただき、今後更に応募者が増えることを期待しております!

    As part of the TFA jury, I was very glad to know that the designers we awarded in the first TFA edition managed to launch his brand overseas. Even for those who had talent but were not able to compete abroad, I heard from all of them that it was a good chance to do so and got proud to get awarded by TFA. Moreover, through this award, young designers got to know senior designers with a strong background who are willing to share. A unique chance I truly recommend to all emerging designers!

    株式会社ユナイテッドアローズ
    UNITED ARROWS & SONSディレクター
    小木“Poggy”基史

    UNITED ARROWS LTD.
    UNITED ARROWS & SONS DIRECTOR
    Motofumi “Poggy” Kogi

    TFA2016審査会の総評How did you think about the jury meeting of the TFA 2016.

    前回の受賞6デザイナーは、海外から高く評価する声もあり、個人的にも好きなブランドもありました。個々としての実力や魅力ももちろんありましたが、集合体となった時にさらにそれが強まったように感じます。
    2回目としては、前回にないまったく新しいテイストのデザイナーを選ぶというよりも、前回認知されたTFAブランドの集合体としての魅力をもっと引き出せるか、ということも選定基準に置きました。

    The previous 6 winning designers have been very much appreciated also abroad and I my self thought they were high-level brands. Each brand had also its specific charm and unique features and during the showroom where the 6 brands were together, I felt it even stronger. This time I thought of selecting the designers that would be good with the 1st award winners at the showroom, not selecting a whole new category.

    TFA2016エントリーデザイナーの印象What did you think about the entrée designers of the TFA 2016.

    更にTFAを盛り上げて頂けることを期待しています。

    I look forward for them to stimulate for the TOKYO FASHION AWARD.

    TFA2015受賞デザイナーの2シーズンの活動(パリでの展示会、東京での凱旋ショーなど)を振り返ってHow were the TFA 2015 designers’ achievements. Their showrooms for 2 seasons and their shows in Tokyo.

    パリのショールームでは日本人のものづくりへの真面目さ、真剣に向き合う姿勢は十分に伝わったと思いますが、来場者を楽しませたり、印象に残るようなプレゼンテーション方法をもっと強化しなくてはいけないと思いました。日本ブランド全体の課題でありますが・・・そのあたりを、私たちがどうやって手助けできるかを考えています。

    During Paris Showroom I really felt that Japanese manufacturing ability and seriousness were perfectly delivered, but needs to work on to entertain and impress the visitors. This is a common challenge for all the Japanese brands… and we are thinking of how to support and help them out with the challenge.

  • ディーティーティーケー
    デトケー

    D.TT.K
    DETTO K

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    TOKYO FASHION AWARD(以下、TFA)で受賞が決まる前のシーズンに、別のコンテストでニューヨークでショーをする機会があったので、1月のパリのショールームは最高のタイミングで臨むことができました。ニューヨークは初のショーということもあり、余韻も強く残っていましたが、一方でTFAはバイヤーが審査員のアワードで、パリでも世界中のプロフェッショナルたちにじっくり洋服を見てもらった上でコミュニケーションができたので、ショーとは違う意味で非常に貴重な経験になりました。また、受賞ブランドには先輩が多かったので、色々なことを学ぶことができましたし、他のブランドのスタッフの方たちなどとも非常に仲良くなれました。

    D.TT.K had an opportunity to present a show in New York for a different contest, in the season prior to the one where we received the TOKYO FASHION AWARD (“TFA”). So the Paris showroom in January was an excellent timing for us. Given that the show in New York was the very first one that we experienced, we were still basking in its afterglow. The TFA, on the other hand, was an award in which buyers served as the juries, and in Paris we had professionals from around the world look carefully at our creations, and we also had the opportunity to communicate with them. This was an invaluable experience for us in a different manner from the show. Many of the awarded brands were seniors compared to me, so I learned about many different issues, and I also became friends with the staff from other brands as well.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    普段と大きく何かを変えたということはありませんでしたが、パリで発表ができるということもあり、かなり気持ちは高まっていました。また、国内で展示会をする時は、シーズンテーマに合わせて空間づくりをしていますが、今回は現地に行ってみるまで会場の雰囲気が分からず、その中でいかに自分たちの持ち味を発揮していくのかということが課題になりました。日本に比べて発表の時期がかなり早く、1回目のショールームでは追い付けなかったところもありましたが、2回目については、1回目の反省をしっかりと生かす意識で臨みました。

    I did not make any significant modifications, but I was very excited about presenting my work in Paris. When I hold exhibitions in Japan, I arrange the spatial design in a manner that corresponds to seasonal themes, but I didn’t have information on the tone of the venue until I went to the site. So the challenge we confronted was how to make the most out of our qualities amid these limitations. The timing for the presentation is considerably early compared to Japan, and this made us run out of time in the first showroom. But we approached the second showroom bearing in mind to reflect upon the previous event.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    自分たちでも予想していた部分ではありましたが、しっかり見ていただけるバイヤーと、スルーされてしまうバイヤーが非常にハッキリと分かれていました。それでも、より多くの専門家たちに足を運んでいただけたことは非常に良かったと思います。また今回、特にアジアのバイヤーの反応が強く、世界中のどのエリアで、どう浸透してきているかということを感じることもできました。これまでも海外のショップからの問い合わせに対しては、ルックの全身ややディテールの写真データなどを送って対応していたのですが、そうした人たちに実際に洋服を見ていただいたことで取引につながったケースもありましたし、今回の展示を通してブランドの存在を知ったというショップもだいぶ増えたと思います。

    As we expected, we saw a distinct difference among the buyers; some looked carefully at our items, while others did not show interest at all. But still, having a number of professionals visiting our exhibition was a great experience. The exhibition gathered a strong response from Asia-based buyers in particular. This enabled us to see how our clothes are taking root, and also in what areas around the world. We have been responding to inquiries from shops abroad by sending whole-body looks or photo data of details, but having these people look at our clothes first hand resulted in business deals in some cases. I also think many shops discovered our brand through this exhibition.

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    東京のファッション・ウィークという公式の場で、自分たちらしさをしっかり表現するということを意識しました。洋服自体はパリのショールームで見せていたこともあり、ショーについては新しい形で見せたいと考え、クリエーションを通して連絡を取り合っていたスウェーデンのミュージシャンたちを招き、ライブインスタレーションという形式で発表しました。自分としては、洋服を通じて彼らを日本に呼べたことに大きな意味を感じていますし、アーティストとの関係性の中で空間をつくり出すことで、それまでの過程も全て含めて、今、自分たちのファッションではこういうことが当たり前、ということを伝えたいと思いました。ショーを終えてさまざまな反響がありましたが、評価してくれた仲間たちもたくさんいて、とても良かったです。

    What I had in mind was to fully present the brand’s identity at Tokyo’s fashion week, which is a very formal event. The brand already presented our clothes at the showroom in Paris, so I wanted to take a different approach for the fashion week show. This is why I invited the Swedish musicians who I’ve been interacting through my creations, and showcased my work in a live installation format. It was meaningful how I managed to call the band to Japan while having fashion serve as a go-between. Also by creating a space that embodies the brand’s relationship with the artist, we wanted to communicate what the norm of fashion is for us now, including the entire process that we went through. Mixed responses were heard after the show, but I was glad that many of my friends highly regarded our presentation.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    パリでの2回のショールームを経験し、やはり3回、4回と引き続きこの場所で発表していきたいという思いを強くしました。今回は展示会やファッション・ウィーク関連のパーティなど外でも多くの人たちとコミュニケーションを取ることができ、やはり世界中からファッション関係者が集まるパリは凄いということを感じましたし、その中でどんどん自分の可能性を広げていきたいと考えています。もちろん、今回のような展示会だけではなく、いつかショーやインスタレーションができる機会をパリでつくれればと思っています。

    After experiencing two showrooms in Paris, I now have renewed hopes to present my work here on an ongoing basis for the third or fourth time. This showroom offered me the opportunity to communicate with many people both at the exhibition and at outside events including fashion week-related parties. I saw how extraordinary Paris was with how the people in the fashion industry gathered from around the world, and I would like to expand the range of my possibilities here. Going beyond exhibitions, I hope to someday have the opportunity to host shows and installations at Paris.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • サルバム
    藤田 哲平

    sulvam
    Teppei Fujita

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    今回TOKYO FASHON AWARD(TFA)を受賞し、パリで発表できるチャンスをいただけたことは、自分のようなキャリアが浅いブランドとしては、非常に幸運だったと感じています。また、今回のように信頼できるバイヤーの方々に審査していただけること自体もなかなかないことだと思いました。現地では、先輩デザイナーの方たちと色々なお話ができたことも非常に貴重な経験になりましたし、そこから学ぶことはとても多かったです。

    My brand is very young, so we were very lucky to receive the TOKYO FASHION AWARD (“TFA”) and being able to showcase our work in Paris. Having reliable buyers review our creations was also a rare and invaluable opportunity. Interacting with well-experienced designers at the showroom was a wonderful experience as well, and I learned a lot by communicating with them.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    発表の場が日本でも海外でも、つくるもの自体は同じで、特に今回変えた部分というのはありませんでした。自分が常に念頭に置いているのは、ストリートやモードなどのジャンルを意識することなく、表現したいテーマに対して、「即興演奏」というブランド名の由来の通り、予期せぬ要素を混ぜ合わせながらオリジナルの空気感を生み出していくことです。自分ができる範囲というのは決まっているので、生地屋さんや縫製工場さんなど、色々な人たちと関わっていく中で、バンドのような服づくりをしていきたいと考えています。

    Regardless of where sulvam is presenting, be it Japan or overseas, the clothes that I create remains consistent and I did not change anything in particular for the showroom. What I always keep in mind is to keep my thoughts away from street, mode, or other fashion genres. By staying true to the brand name “sulvam,” which refers to improvisation, I blend unlooked-for elements and develop an original quality for the theme that I seek to portray. My abilities are limited, so I want to create clothes in a band-like process through interacting with drapers, sewing factories, and many other people.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    1回目のショールームは、多くのバイヤーにコレクションを見てもらう良い機会にはなりましたが、結果としては、着やすさなど販売のことを意識し過ぎたところがあったためか芳しくありませんでした。海外のバイヤーの反応を見ていると、純粋にクリエーションに向き合ってくれる方が多いように感じましたので、2回目のショールームでは、“これでダメなら仕方ない”という思いで、自分がやりたいことを無心で表現しました。その結果、バイヤーの反応は非常に良くなり、新しい取引先も決まりました。自分に素直につくったものが受け入れられた感覚があったし、今後もこうしたスタンスでやっていくことが大切だということを強く感じました。

    The first exhibition was a good opportunity to present my collection to many different buyers, but it did not turn out well, presumably because I put excessive focus on wearability and other sales-related aspects. Looking at the reactions of overseas buyers, I noticed that many of them responded squarely to the brand’s creations. So in the second showcase, I devoted myself to portraying my ideas and made all-out efforts not to leave any regrets. This, as a result, remarkably improved the reactions from buyers, and I even managed to gain a new client. I felt that my straightforward creations were accepted, and this experience gave me a strong awareness on how important it is to maintain this approach.

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    最初の段階では、金銭的な部分なども含め、正直不安の方が大きかったです。自分としては、演出はあまり入れずに、つくった洋服を、モデル、音、空間だけのシンプルな要素で見せたかったので、ランウェイショーという形になりましたが、決まってからはスタッフの皆さんのサポートで一気に進んでいき、無事ショーを行うことができました。出てくれたモデルたちもまたショーに参加したいと言ってくれていますし、来場者も楽しんでくれたようなので、今後もできる限りランウェイでの発表は続けていきたいと考えています。また、東京のファッション・ウィークという場でショーをしたことによって、ブランドの存在が認知されたということも大きかったと感じています。

    I initially had a lot of worries including financial aspects. I decided to present my creations as a runway show hoping to showcase my clothes with simple elements ? space, sound, and models. With the support from staff members, preparations gained momentum once I decided on the plans, and the show ended as a success. The models that took part in the show said that they would want to participate again, and the visitors seemed to have enjoyed our brand’s show as well, so I would like to continue on with runway presentations as much as possible. Delivering a show in Tokyo’s fashion week also raised the profile of my brand, and I think this was an important step.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    もし仮に、TFAを受賞していなければ、これまで通り国内でコレクションを発表し、自力で営業をしていたと思います。そのサイクルの中で、どうしても国内のショップやお客さまに売りやすいアイテムをつくっていかざるを得ない部分があって、これはスタートしたばかりのブランドが一様に抱えている課題だと感じています。今回は、幸いにもこうして海外で発表することができ、自分のコレクションは“これなんだ!”ということをストレートに表現できたことは、ブランドにとって非常に大きな経験になりました。今後の課題としては、何よりも継続していくということで、どんな形であろうと次回もパリにコレクションを持っていかないといけないと考えているところです。

    If my brand hadn’t been awarded with TFA, I think I would be presenting my collection now within Japan as before, and engaging in sales activities by myself. This cycle would force me to create items that are well-accepted by shops and clients in Japan, which is an issue confronted by all newly launched brands. I was lucky enough to present my works abroad, and managed to showcase a solid idea of what my collection is about; this was an extremely meaningful experience for the brand. My first and foremost issue for the future is to work to maintain my efforts, and I am planning to take my collection to Paris at all costs.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • ファセッタズム
    落合 宏理

    FACETASM
    Hiromichi Ochiai

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    今回のような形で海外で発表することは初めてでしたが、やってみないと分からないことが非常に多かったです。スケジュールがかなりタイトで大変でしたが、海外に向けたステップアップの場として、今回参加できたことは本当に良かったと感じています。6名の受賞デザイナーの中では、ちょうど僕が真ん中くらいの年齢でしたが、非常にバランスが取れたメンバーで、みんなで食事などに行って色々お話をすることができたことも刺激になりました。

    This was the first time for us to make an announcement overseas in this manner, and there were many things that you couldn’t know until trying. It was quite hectic with the tight schedule, but I am happy that we were able to participate as a stepping stone towards overseas expansion. My age is almost right in the middle among the six winning designers, making up a very balanced group. It was also stimulating to be able to go to meals together with everyone and talk about all sorts of things.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    最初のショールームは、受賞後からの日程がタイトだったこともあり、ファセッタズムの特徴的なアイテムをリバイバルするような形で提案しました。2回目に関しては、ミラノでのショーも決まっていたので、全て新作でつくりましたが、特に海外ということを意識することなく、いつも通りに、自分たちがいまやりたいことを表現しました。自分たちは、日本においても、海外においても、どこにも属さないオリジナルな存在でいたいと常に考えていて、そのためにしなければいけないことを追求しています。

    As the schedule for the first showroom was quite tight after receiving the award, we made a proposal that was somewhat of a revival of FACETASM's distinctive items. For the second time, as the show in Milan was also decided, we went with all newly made items. However, we didn't do anything different because the announcement was overseas, we wanted to express ourselves as we always do, and do what we want to do now. We have always wanted to be an original existence that does not belong to anywhere, whether in Japan or overseas, and we are pursuing what we need to do in order to accomplish this.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    さまざまな国、人種の方にお越しいただいたので、捉え方はさまざまで、一概にはなんとも言えない部分がありますが、日本での反応と同様に、ストリートとモードの中間という見方をされる方が多かったと思います。また、6月の展示会の時は、すでに2回目ということもあり、ブランドの名前をすでに知っている方が増えていたように感じました。これまでのように東京のショーや展示会で発表するケースに比べると、パリではバイヤーもまだバジェットを豊富に持っている段階なので熱量の違いを感じたし、実際に新規取引先も増えました。もちろん、東京が発表の場として良くないということではないのですが、海外に挑戦するということを考えると、やはり海外のファッション・ウィークのスケジュールに合わせていかないと難しい部分があるのではないかと感じました。

    People from many different countries and races came to the show, and the show was perceived in many different ways. Therefore, the reaction wasn’t all the same, but was somewhat similar to that in Japan, meaning there were many people who view the brand between street and mode. Also, since the exhibition in June was the second time, I felt that there were more people who already knew the name of the brand. As with up until now, when comparing the cases of announcements at the Tokyo show and exhibition, I felt a difference in the amount of passion since buyers in Paris still have a large amount of their budget available, and we were actually able to increase our business partners. Of course, it's not that Tokyo is a bad location to have an announcement, but when considering challenging overseas, I felt that it is difficult if the schedule doesn't match that of overseas.

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    これまでも東京でショーを発表し続けてきましたし、VERSUS TOKYOのようなイベントにも参加していたので、特に普段と変わった部分はありませんでした。今回の東京でのショーが評価され、ジョルジオ・アルマーニ氏からのオファーで、ミラノのファッション・ウィーク中にランウェイショーを行うという機会をいただくことができました。依頼を受けてから発表までの時間は非常に短かったのですが、パリの展示会に向けてコレクションはつくっていたので、それをベースにショーのためのアイテムを追加していきました。すべてが初めてのことだったのでとても大変でしたが、海外の多くの方に、日本のブランドやスタイルを知っていただけたことは大きかったですし、その役割を自分たちが担えたことを非常に光栄に感じています。

    As we have continued to announce shows up until now in Tokyo and have participated in events such as VERSUS TOKYO, there wasn't anything in particular that was changed. In response to the high evaluation of the show in Tokyo this time, we were able to get the opportunity to do a runway show during Fashion Week in Milan thanks to an offer from Mr. Giorgio Armani. Although the time after receiving the request up to the announcement was extremely short, because we had been making the collection aimed at the exhibition in Paris, we added items for the show based on that. Although it was quite hectic because it was the first time to do everything, it was huge that we were able to show off Japanese brands and styles to many people overseas, and I feel much honored to have had this role.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    今、東京のファッションは世界から注目されているという話はよく耳にしていましたが、実際に海外で発表したことで、まだまだ何も知られていないということを痛感しました。同時に、今回のTOKYO FASHION AWARDで、受賞ブランドが発表したような日本のファッションというものを、より明確に世界に打ち出していかないといけないという強い危機感を持ちました。ブランドとしては、なかなか得られないチャンスを与えていただいたと感じていますし、この機会をしっかり活かしていかなければ挑戦した意味がなくなってしまうので、今後はさらに海外展開に力を入れていきたいと考えています。

    Although recently it is often said that Tokyo fashion is attracting much attention from the world, I was keenly aware after making an actual announcement abroad that Tokyo fashion is still not well known. At the time same, with this TOKYO FASHION AWARD, I felt compelled that we must set out Japanese fashion, such as that announced by the winning brands, in a more clear manner to the world. As a brand, I feel that we were given a chance that is not easily attainable, and if we don't take firm advantage of this opportunity we will lose the meaning for challenging in the first place. Therefore, we hope to focus our efforts from now on to further overseas expansion.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • ファクトタム
    有働 幸司

    FACTOTUM
    Koji Udo

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    5年ほど前に、単独でニューヨークのショールームと合同展に参加した経験がありますが、今回はTOKYO FASHION AWARDからの支援を受け、同じ日本人の仲間たちとひとつのショールームで発表できたので、以前に比べ、良い意味でリラックスした状態で臨むことができたと思います。

    Although we have the experience of participating in a joint exhibition with a showroom in New York independently, with the support of the TOKYO FASHION AWARD this time we were able to announce our collection in a single showroom with our Japanese friends. Compared with previous announcements, I think that we were able to face this in a relaxed state, in the good sense of the term.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    ニューヨークでの経験を踏まえ、価格設定やサイズ展開など、海外マーケットを意識しました。2015年1月に行われた最初のショールームに関しては、2014年10月のTFA2015 受賞発表から期間が短かったこともあり、デニムをはじめ定番的なアイテムを中心にしたコンパクトなコレクションを持って行きました。ファクトタムのベースであるシンプルでベーシックなリアルクローズという部分は崩したくないという思いがありましたが、1回目のショールームではシンプルにまとめすぎてしまったことから、海外ではもっとインパクトが強いアイテムも必要だというアドバイスをいただきました。それを受け、2回目の展示では、染めや刺繍など日本らしい技術を活かした生地などをつくっていきました。

    Based on our experience in New York, we were conscious of the overseas market, such as pricing and size expansion. For our first showroom held in January, 2015, the period from the award announcement of TFA 2015 in October 2014 was short, so we decided to go with a compact collection which focused on classic items, including denim. We didn't want to break the simple and basic "real clothing" base of FACTOTUM. However, because our first showroom had been summarized too simply, we received advice that we needed to have items with a stronger impact overseas. In response to this advice, we made cloths that took advantage of techniques with a Japanese sense, such as dying and embroidery, for our second exhibition.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    海外での発表ということを意識し、日本らしいファブリックやカラーのアイテムを展開しましたが、海外のバイヤーたちには、ファブリックや縫製における「メイド・イン・ジャパン」というものを、とてもポジティブに捉えていただいたと感じています。また、こちらの思惑通り、2回目に発表した刺繍や染めのアイテムがピックアップされるなど、1回目以上に手応えを感じることができました。ニューヨークに進出した時は、価格の高さを指摘されることが多かったのですが、今回に関しては、あまりその部分を気にし過ぎず、見る人の印象に残るものをつくることが、良い反応につながっていくという実感がありました。パリでは、世界中から集まったバイヤーが、膨大な数のブランドを短期間で見て回るということもあり、やはりファースト・インプレッションが非常に大切になりますし、仮に言葉が通じなくても、こちらの意図が伝わるような洋服をしっかりつくっていかないといけないなと思いました。

    Conscious that we were making an announcement overseas, we deployed items using fabrics and colors with a Japanese feel to them, and I feel that our buyers overseas very positively received the "Made in Japan" sense given off in our fabrics and sewing. In addition, as we had expected, the embroidery and dyed items from the second announcement were picked up, allowing for us to be able to feel a greater response than the first time. During our expansion in New York, the height of the price was often pointed out. However, this time we decided not to worry too much about that part, and in turn we had the feeling that creating something memorable to the beholder would lead to a good reaction. In Paris, buyers gathered from all across the globe have to look at an astounding number of brands in a short period of time, showing that once again first impressions are extremely important. Even if the language can't be understood, I thought that we have to do our best to make clothing that is capable of conveying our intentions.

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    1月の時点で、すでにパリでの展示を終えていたこともあり、東京でのショーに関しては、いつもとは少し違う感覚がありました。ショールームに参加したメンバーが同じ日にショーやインスタレーションを発表するということもあり、どこかお祭り的な感覚がありましたし、終わった後の達成感も得られました。当日は、参加ブランドのみんなと打ち上げをしたのですが、そこで色々な話をすることができました。今回の受賞6ブランドは、それぞれ方向性やデザイナーのキャラクターが異なりますが、とてもバランスが取れていましたし、東京ではあまり会う機会がないメンバーが一定期間集まって、時間を共に過ごしたことは良い経験になりました。また、学生の時のように、みんなで集まって何かをするという感覚を思い出すこともできて、非常に楽しかったです。

    Since we had already finished the exhibition in Paris when January came around, we had slightly different feelings regarding the show in Tokyo. Members participating in the showroom all announce their shows and installations on the same day, giving a somewhat festival-like sense. We also left with a sense of accomplishment after it ended. We had a party with everyone from the participating brands on the day of the show, and were able to hear a variety of different stories there. The characters of the designers from the six brands awarded this time are all completely different. However, there was a good sense of balance, and the members who don't have many opportunities to get together in Tokyo gathered together to spend a bit of time together, which turned into a good experience. On top of this, I was able to remember what it was like as a student to gather everyone together to do something, which was extremely fun.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    今回を良い機会に、海外展開にはさらに力を入れていきたいと考えています。パリでは、さまざまなショールームや合同展示会などを見る機会があったのですが、色々な展示を見ていく中で、ブランドの個性というものを自分たちが納得できる形で見せていくことの大切さを感じましたし、ビジネスチャンスもそこから広がっていくのではないかと思いました。今後も、ファクトタムとしての軸はブラさずに、日本らしい繊細なものづくりを通して、海外の人たちにインパクトを与えられるような洋服を継続的につくっていければと考えています。

    With the good opportunity this time around, we hope to further focus on our overseas expansion. In Paris, we were able to have the opportunity to see various showrooms and joint exhibitions. Among these various exhibitions, we felt the importance of showing off the individuality of a brand in a way that makes sense for ourselves, and I believe that business opportunities will spread from there. In the future we would like to continue to make clothing to impact people overseas through the delicate manufacturing unique to Japan, without blurring from the axis of FACTOTUM.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • リトゥンアフターワーズ/リトゥン バイ
    山縣 良和

    writtenafterwards / written by
    Yoshikazu Yamagata

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    今回は、新たにスタートしたリトゥン バイの販路を拡大したいと考えていた時期だったので、非常に良い機会になりました。リトゥンアフターワーズでは、これまでも海外でショーをする機会はあったのですが、パリでコレクションを発表するのは今回が初めてでした。パリには以前に住んでいた時期があり、それ以来約10年ぶりに戻ることができたのですが、やはり世界中から多くの人たちが集まる都市で、ここで勝負したいと思わせてくれる場所だと強く感じました。また、他の受賞デザイナーの方々とさまざまな話をする中で、自分に今足りない部分が明確になりましたし、色々と勉強になりました。

    As this was a time in which we were thinking of expanding the sales channels for the newly started "written by" brand, I felt that it was a very good opportunity. With "writtenafterwards," although we had opportunities to do shows overseas up until now, this was the first time for us to announce a collection in Paris. There was a period when I used to live in Paris. Returning for the first time since that time about ten years ago, I strongly felt that Paris is a city where different people gather from all over the world, making me want to compete there. Things that I am currently lacking became apparent through various talks with the other award-winning designers, and it was a great lesson for me.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    特に1回目のショールームについては準備時間が短く、スケジュール面で厳しいところがあり、新作はあまり持って行けなかったのですが、過去に発表した「七福神」のシリーズなど象徴的なアイテムをお見せできたので、ブランドの世界観を知っていただく機会にはなったと思います。2回目のショールームでは、やはり新作の点数を増やすことが最大の課題でしたが、立ち上げてまもないリトゥン バイにおいて、慣れないスケジュール感の中でどこまでできるのか不安を抱えながら、必死につくっていきましたね。

    The preparation period for the showrooms, in particular the first one, was quite short with a tight schedule, so we were unable to bring many new works. However, we were able to show "THE SEVEN GODS" series that we had announced in the past, which became an opportunity for people to get to know the world of the brand. For the second showroom, our biggest challenge was to increase the number of new items. Among the unfamiliar schedule of "written by," which had just launched, we did everything we could to make products, anxious about just how much we could get completed.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    1回目は、異色のブランドとして認知していただけたとは思いますが(笑)、なにしろアイテムの点数が少なかったので、面白いけどよく分からないという印象を持たれた方がほとんどだったと思います。ただ、コレットのサラ(アンデルマン)さんが展示を見てくれて、ショップのショーウインドウのデザインをやらないかと声をかけてくれて、非常に多くの方に見てもらうことができました。2回目には、リトゥン バイの新作を充分に持って行けましたが、日常で着られる洋服を目指す上でも、ちょっとしたニュアンスの部分にオリジナリティがあるということが非常に大切だと感じましたし、同時に、リトゥンアフターワーズとリトゥン バイの間に位置するような特別な日にドレスアップできる洋服を提案する必要性も実感しました。

    For the first time, I think that we were able to be recognized as a unique brand (laughing). After all, since there were only a few items, I think most people walked away with the impression that it was interesting, but they didn't know what was going on. However, Sarah Andelman from Colette saw our exhibition and invited us to do the window design for the shop, which was seen by a large amount of people. Although we presented a sufficient amount of new items for "written by," we felt that it was very important to have a sense of originality in the slightly nuanced area when aiming for clothing that can be worn on a daily basis. At the same time, we realized the need for proposing clothing that can be dressed up in on special days, positioned somewhere in between "writtenafterwards" and "written by."

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    1月のパリに行った時は、ちょうどシャルリー・エブド事件の直後でした。事件現場のすぐそばのホテルに泊まっていて、当時の緊迫した空気を肌で感じながら、外部から来た日本人の自分に何ができるのかということを色々考えました。そして、3月の東京での凱旋イベントでは、それらを反映させた「地球」というテーマのショーを行いました。今回は特に老若男女さまざまな人たちに見ていただきたいという思いがあったのですが、ショーという形で発表できたことでさまざまな反応があり、結果的にとても良い機会になったと感じています。

    When I went to Paris in January, it was immediately following the Charlie Hebdo incident. Staying at a hotel right next to the scene of the crime, I thought to myself while feeling the tense air at the time, "what can I do as a Japanese, somebody who came from the outside?" while feeling the tense air at the time. Following this, I incorporated these thoughts at the triumphal in Tokyo in March, holding a show with the theme of "Earth." This time around, I had the desire to be seen by men and women of all ages. We received a variety of reactions to having the announcement in the form of a show, and I think it became a very good opportunity as a result.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    リトゥン バイについては、現在はメンズ寄りのユニセックスという形で展開していますが、今後はリトゥンアフターワーズとも連動しながら、よりターゲットを広げていきたいと考えています。今回の展示を通じて、自分たちが進むべき方向性はだいぶ見えてきたのですが、そこに向かうためにクリアすべき課題をひとつずつ乗り越えていくことの難しさを痛感しているところです。今後もパリで発表を続けたいという思いは強いのですが、世界で勝負していく上では、普通の洋服をつくっているだけではダメだということを実感したので、他のブランドにはない個性というものを、リトゥンアフターワーズの活動などを通して、より強く発信していきたいと考えています。

    Although we are currently developing "written by" in a slightly-male unisex style, we would like to further expand the target while collaborating with "writtenafterwards" in the future as well. While we were able to largely get a feeling for the direction in which we should move forward through the exhibition this time, we are keenly aware of the difficulties to be faced in order to overcome each and every challenge in order to move forward in that direction. While our desire to continue our announcements as a brand in Paris in the future is strong, we realize that it's useless to just make ordinary clothing in order to challenge on a global scale. We would like to continue to strongly spread our unique individuality that can't be found in other brands through the activities of "writtenafterwards."

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • ジョンローレンスサリバン
    柳川 荒士

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN
    Arashi Yanagawa

    TFA2015受賞ブランドとしての2シーズンを振り返ってLooking Back at the Two Seasons as Winner Designer of TFA2015

    2シーズンにわたり、パリのショールーム「showroom.tokyo」でコレクションを発表された感想を教えて下さい。What was it like to present your collection for two seasons at Paris’s showroom “showroom.tokyo”?

    ジョンローレンスサリバンは、以前からパリでショーや展示会を続けていて、いつもは会場の調整からバイヤーの招待まですべて自分たちで行い、会期中はずっと来場者の応対をしています。その点、今回は他の受賞デザイナーたちと一緒にいる時間が多く、その中で色々な話ができて良かったです。東京にいる時は、他のデザイナーと話をしたり、洋服を見たりする機会はあまりないのですが、パリのショールームでは、すぐ隣に他のブランドの洋服が並んでいて、それぞれのものづくりの仕方などが伝わってきたので非常に新鮮でした。

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN has been hosting shows and exhibitions in Paris for a while. We usually organize everything by ourselves, spanning from arranging venues and inviting buyers, and we also attend to visitors while the event is ongoing. In that regard, I spent a lot of time with other award-winning designers in these collections, which was a good opportunity for me to talk about many different topics. I rarely have the chance to interact with other designers or to take a look at clothes when I’m in Tokyo, but the showroom in Paris was inspiring in that works from other brands were showcased right next to us. This allowed me to observe firsthand my peers’ approach on product-making.

    服づくりにおいては、どんな部分に力を入れましたか。What aspects did you focus on when crafting your clothes?

    特に意識していつもと変えた部分はありませんでした。初めてパリに進出する際にも、特別何かを意識したということはありませんでしたし、常に自分が表現したいものをしっかりと出すという意識で臨んでいます。ただ、ジョンローレンスサリバンはテーラードがベースのブランドなので、日本人との体型やサイズ感の違いというものは服づくりに大きく影響します。その違いに対応するためのサイズやパターンの調整というのは、海外に出てきた当初に比べると、だいぶできるようになっていると思います。やはり海外で発表していく上では非常に重要になる部分ですし、自分たちとしても、ブランドの次のステップとして取り組んだ課題でした。

    I remained consistent with my previous approaches. I did not make any special changes when my brand made its way into Paris either ?I just always try to carefully articulate the concept I have in mind. That being said, JOHN LAWRENCE SULLIVAN is a tailoring-based brand, which means our product-making is majorly impacted by figures or fits that differ from those of Japanese people. Compared to when we first advanced into non-Japanese markets, our ability to reshape sizes and patterns to address these differences has improved. The adjustments are critical in presenting our collection abroad, and this was an issue that we addressed as a next step forward for the brand.

    来場者からの反応はいかがでしたか。How did visitors react?

    今回は、「東京」という枠の中で6ブランドが参加しているということもあり、普段よりも多くの方々が足を運んでくれましたし、有名なセレクトショップのバイヤーなども結構来ていたと思います。反応という点では、やはりショップの特性によってさまざまで、それは国というよりはスタイルの違いによるものという印象を持っています。ただ、保守的なショップが増えている日本と比べると、海外では個性の強いアイテムを好むところが多いように感じます。メディアの状況なども影響していると思いますが、日本の場合はシンプルで着やすい服が好まれる一方、海外のバイヤーはショーやルックのビジュアルを気に入ってピックアップする方が多いですね。

    With six brands taking part under the concept “Tokyo,” the collection attracted more people than usual, and a number of acclaimed multi-brand shop buyers dropped by as well. The reception varied by the characteristics of each shop, which I think was based on the variation in style rather than the country of which the brand was from. But I’ve noticed that compared to Japan, where the number of conservative-oriented shops is on the rise, markets abroad favor items with distinctive characteristics. This could be a result of circumstances associated with the media, but buyers in Japan prefer simple and easy-to-wear items whereas buyers abroad are often interested in visuals and looks from fashion shows.

    今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/Wで行った凱旋ショーには、どのような意識で臨みましたか。This March, you presented a come-back show at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W. What kind of mindset did you have for this event?

    1月の段階で洋服とビジュアルをパリで発表していたこともあり、すでに自分の中で完結していたものを改めて見せていくというのは、正直難しいところもありました。そのため、いつもパリで発表しているようなモデルが次々にキャットウォークを歩いていくオーソドックスなランウェイショーではなく、映像を用いるなど少し趣向を変えて発表することにしました。今回の見せ方をみなさんがどう評価していただいたかは分かりませんが、スタッフをはじめ自分たちのチームにとっては、いつもとは違う形を取ったことで、良い影響があったと感じています。

    I presented the brand’s clothes and visuals in January, so I must admit that giving another showcase of something I already wrapped up was not an easy process. This is why instead of a standard runway show, like the ones we usually present in Paris where models take turns to walk down the catwalk, I used videos and took an unconventional approach. I don’t know how this presentation was received, but engaging in a different process made a positive effect on our staff and team.

    今後の展望についてお聞かせ下さい。Please share with us your future plans.

    また海外でのショーを再開したいと考えていて、場所はパリかロンドンでできると良いですね。今、海外のPRやショールームのチームを再編成しているところで、それが整備でき次第、また何かしらの形で発表を続けていく予定です。ブランドとしては、ショーをしてみたいというのが海外進出の動機の一つでもありますので、ショーを続けていく中で、その面白さをさらに感じるようになりました。今後も自分たちにしかできない特別なもので周りを驚かせるようなショーをしたいと考えていますし、これからもさまざまな部分でチャレンジしていきたいですね。

    I am planning to join shows outside of Japan again, hopefully in Paris or London. The brand is rearranging overseas PR and showroom teams at the moment, and whatever the format might be, I would like to present our work once the teams are ready. One of the reasons why we made a foray into the international market is our brand’s aspiration to take part in fashion shows, and the more shows we participated in, the more we appreciated its appeal. We plan to organize eye-opening shows by harnessing our unique and special features, and we’re ready to take on challenges in many areas.

    Interview by Yuki Harada / Photography by Yohey Goto
  • showroom.tokyo S/S 2016

    Date:Friday, June 26th ~ Wednesday, July 1st, 2015

    Location:Vanessa Quang Gallery(7 Rue des Filles du Calvaire, 75003 Paris)

    Reception Party

    Friday, June 26th, 2015
    Vanessa Quang Gallery


    D.TT.K

    sulvam

    FACETASM

    FACTOTUM

    writtenafterwards / written by

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN

  • 株式会社阪急阪神百貨店
    第一婦人服商品統括部 婦人服第一商品部 バイヤー
    芝崎 慶子

    HANKYU HANSHIN DEPARTMENT STORES, INC.
    International Collection Women's Fashion Department Buyer
    Keiko Shibasaki

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    私で良いのかと恐れ多い気持ちでいっぱいですが、ファッション業界に身を置くひとりとして、また現在ジャパンクリエーターズブランドを担当させていただいている立場として、微力ながら日本のブランドが世界で活躍するお手伝いができればと思います。

    Although I'm full of dread wondering if I'm the right person for the job, as someone who puts herself forward in the fashion industry, and also from the position of being in charge of the current Japan Creators brand, I would be happy if were able to contribute to a Japanese brand playing an active role globally.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    日本のブランドは世界に誇れるクリエーションのレベルの高さ、独自の世界観、斬新さを持っていると思います。その一方で、ファッションが文化として生活に根付いている海外都市に比べると、世界にチャレンジできる環境がまだ少ないのではと感じております。
    TFAは、海外に発信し、ビジネスとして成功するためのきっかけとなる重要な役割だと思っております。

    I believe that Japanese brands have their own unique originality and view of the world, as well as a high level of creation that can be boasted to the rest of the world. On the other hand, when compared to overseas cities that have fashion rooted in life as a part of culture, I feel that the environment capable of challenging on a global scale is still small. I believe that TFA plays an important role as an opportunity to send brands overseas and succeed as a business.

    どのような点を重視して審査されますか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    まずはブランドとしての独自の世界観を持っているか、それをひと目で伝えるパワーを持っているか、そして何より「着てみたい、触れてみたい」と思わせるドキドキ・ワクワク感があるかを直感で捉えたいと思っています。
    それから、海外より期待されている縫製や素材といった日本ならではのモノづくりへのこだわりや技術の部分も見たいです。

    First of all, I would like to intuitively capture whether or not a unique view of the world as a brand is present, if the brand has the power to convey that with a single glance, and more than anything else, if the brand gives off the feeling of excitement and thrill that makes you "want to touch and wear it."
    In addition to that, I am also interested in seeing the commitment to manufacturing and techniques unique to Japan that have come to be expected from people overseas, such as stitching and materials.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    TFAを通して海外で活躍する日本ブランドが増えれば、日本国内におけるファッションビジネスもさらに活性化すると思います。TFA受賞ブランドが将来的に世界のファッションを牽引していく姿を楽しみにしております。

    If the number of Japanese brands playing an active role overseas increases through the TFA, I believe that the fashion business within Japan will also be further stimulated. I'm looking forward to seeing TFA winning brands leading global fashion in the future.

  • 株式会社 三越伊勢丹
    リ・スタイル プラス、リ・スタイル レディ、ブランド バイヤー
    寺澤 昌吾

    Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.
    Re-Style PLUS、Re-Style LADY、BRAND Buyer
    Shogo Terazawa

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    第一回のTFAで私の尊敬する先輩が審査員として参加していたこともあり、スタート時から拝見していました。今回このようなお仕事をさせていただけることを大変光栄に思います。精一杯取り組ませていただき、TFAのご発展に少しでも貢献できれば幸いです。

    As one of my respected seniors had participated as a jury for the first TFA, I was watching carefully from the beginning. I am truly honored and grateful to be allowed to undertake such a position. I will handle this position to my utmost capability in order to contribute, even if slightly, to the development of the TFA and future successful designers around the world.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    昨年の活動を拝見し、受賞ブランドが海外で展示会を行い、実際に海外店舗との取組がスタートしているという点において非常に有用性の高いアワードだと感じました。
    「経験に関係なくエントリーを募集し、選ばれたら実際に海外で商品を展示することができる。」というのは、すごくシンプルでブランドにとってはメリットが多そうですが、実際の海外ビジネスと同じ環境を即座に与えられるという面ではシビアとも受け取ることができます。
    (※他のアワードでは賞金が出たり、小売店での販売が約束されることが多いのでは)
    そういった意味でも、ファッションビジネスの本質を捉えた数少ないアワードだと思います。

    After seeing last year's activities, with the winning brands performing exhibitions abroad and actually beginning initiatives together with overseas shops, I truly felt that this is a highly useful award. While the concept of "Applying regardless of experience and actually winning the chance to exhibit products abroad if chosen" may be quite simple, and offer many obvious benefits for brands, it is also severe to set up the business immediately in the same environment as actual overseas business.
    (*As other awards often give out prizes or give the promise of retail sales) In that sense, I think that it's one of the few awards that capture the true essence of the fashion business.

    どのような点を重視して審査されますか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    ・海外ブランドにも引けをとらないブランドのアイデンティティを感じるか。
    ・モノ作りの面で素晴らしいか。
    (素材、パターン、縫製などがよく、かつ価格とのバランスが適正か)
    ・ベストなクリエーションを継続的に発表できるポテンシャルがあるか。
    現状では上記のようなポイントが思い浮かびますが、実際のアワードでは私自身が新しい価値観を勉強させていただくことになるのではと思っています。

    ・If it is a brand that is not outdone by even foreign brands, and gives off a sense of brand identity.
    ・If it is excellent from manufacturing terms.
    (If materials, patterns, and sewing techniques, etc., are done well, and if the balance with cost is appropriate or not)
    ・If the brand shows potential to continuously announce the best creations.
    The above points are what come to my mind currently, but I expect to learn of new values when the actual award comes around.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    TFAのような素晴らしいアワードと参加するブランドの力で、日本発のファッションの価値が世界の中で更に高くなることを期待します。
    海外のコレクションが国の文化レベルに達しているように、日本発のファッションにおいても、こういった活動を通じて世界の中で着実に歴史を刻んでいくことが大切だと考えます。

    I expect a wonderful award such as the TFA and the power of participating brands to raise the value of fashion originating from Japan to even greater heights around the world.
    As the Paris Collection and New York Collection have reached a level of national culture, I think it is important for the Japan Collection as well, to steadily carve its place out in history through such activities.

  • showroom.tokyo A/W 2015

    Date:Thursday, January 22 nd ~ Tuesday, January 27 th

    Location:Vanessa Quang Gallery(7 Rue des Filles du Calvaire, 75003 Paris)

    Reception Party

    Thursday, January 22 nd, 2015
    Vanessa Quang Gallery


    D.TT.K

    sulvam

    FACETASM

    FACTOTUM

    writtenafterwards / written by

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN

  • ディーティーティーケー
    デトケー

    D.TT.K
    DETTO K

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    基本的に東京で行われているファッションコンテストなどに、正直無関心だったのですが、受賞内容が分かりやすく、タイミングが良かったためです。

    To be quite honest, I was always a bit indifferent to fashion contests being held in Tokyo. However, my motivation came from the points that the award prize was easy to understand and the timing was good.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    すぐにパリでの発表に向けて、気持ちが切り替わりました。

    My feelings immediately switched toward the presentation in Paris.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    海外を志している我々にとって、しっかり意味のあるアワードです。
    この様な機会がブランドとして、大きなキッカケを造り得ると感じています。

    For those aspiring for opportunities overseas like us, this is an award with true meaning. I feel that this type of chance can create a large opportunity as a brand.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    パリという場所が初めてなだけで、常に挑戦的・挑発的にアプローチしていきます。

    Just from the fact that it will be the first time for us to present in Paris, I want to always take a challenging and proactive approach.

  • サルバム
    藤田 哲平

    sulvam
    Teppei Fujita

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    現役のバイヤーの方々に審査をしていただけるということに魅力を感じましたので。

    I was attracted to apply from the fact that I am able to have a review conducted by active buyers.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    素直に嬉しい気持ちと、改めて身が引き締まる気持ちです。

    I am genuinely quite happy about the award, and feel tense.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    正直、日本は特に、ビジネスにも繋がらず意味のないコンテストやイベントごとがほとんどだと思います。TFAはスタートしたばかりですが、現実味のあるアワードなのではないかと思います。なので選出して頂き、大変光栄に思いますし、感謝しております。

    Honestly, I think that almost all contests and events do not lead to business, especially in Japan. Although the TFA just started, I believe it is a true award. Therefore, when I was selected to receive the award, I felt a great honor and sense of appreciation.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    止まらず、常に進んでいこうと思います。

    I want to continuously keep moving forward.

  • ファセッタズム
    落合 宏理

    FACETASM
    Hiromichi Ochiai

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    FACETASMは小規模ブランドですが、常に世界に挑戦していく意思をもち活動してきました。海外で発表するきっかけを模索する中でTOKYO FASHION AWARDの開催を知り、素晴らしいサポートの中で世界への扉をあけることができたらと思い、応募しました。

    Although FACETASM is a small brand, we have always worked with the intention of continuously challenging the world. I came to know of the TOKYO FASHION AWARD when seeking out for opportunities to have an presentation abroad. I applied, thinking that this would be a great opportunity to open the door to the rest of the world with wonderful support.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    身の引き締まる思いでいると同時にサポートをして頂けることへの感謝をしています。
    また大きなチャレンジの始まりに、常に希望と不安が交互に訪れてきています。
    良い結果が出せるよう、僕たちのできる最善のクリエーションを発表したいと思います。

    While we have to brace ourselves for what is to come, we are grateful for having support at the same time. The beginning of a great challenge always brings a mix of hopes and uneasiness. In order to put out good results, we would like to present the best creations we are capable of.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    東京という場所から発表されるアワードは世界的に見ても重要な存在だと認識しています。また、TOKYO FASHION AWARDは小さなブランドに与えられる大きなチャンスです。今回の受賞者である僕たちが今後の歴史の大きな第一歩になれればと思います。

    Awards that are announced from Tokyo are recognized as important awards, even from a worldwide perspective. Also, the TOKYO FASHION AWARD is a great opportunity given to small brands. As a winner of the award, we would like to treat this as a big first step in the history to come.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    FACETASMのコンセプトにもあるように、こだわりを持たず、常に新しい顔をもち、プライドをもって挑戦したいと思います。パリでの発表でもまた、服って楽しいと感じてもらえるものづくりを目指します。

    As is also the concept of FACETASM, we should always show a new look and not stick to anything, and face challenges with pride. For the presentation in Paris, we want to aim for creations that show the fun in clothing.

  • ファクトタム
    有働 幸司

    FACTOTUM
    Koji Udo

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    2013年にブランド設立10年を迎えました。もっと世界中の人々にFACTOTUMを知って欲しい。そんなシンプルな気持ちから応募しました。

    In 2013, we celebrated the 10th anniversary of establishing the brand. We wanted more people around the world to know FACTOTUM. It was with that simple feeling that we applied.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    感謝の一言です。たくさんの応募数からFACTOTUMを選んで頂いたことは、大変光栄です。大袈裟ですが、TFAに受賞したということで日本の代表として、いい結果を出し、次回のTFAで選ばれる方への道筋が作れればと思います。
    そして今現在、世界で活躍されている日本人の方々に少しでも近づけるように、頑張っていきたいと思います。

    It is a word of thanks. It is a great honor for FACTOTUM to be chosen from a large number of applicants. Although it may be an exaggeration, by being awarded the TFA, we would like to make a good result as a representative of Japan so as to create a path for those who will be awarded the TFA in years to come. Also, we want to work our hardest to get closer to those Japanese that are currently working on a global scale around the world.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    このような傾向、非常に良い流れだと思います。これからのファッションを志す方には、このようなチャンスを頂けることはモチベーションになると思います。
    特にTFAでは、著名なリアルバイヤーの方々が審査されているので、クリエーション、ビジネスとのバランスの取れたアワードだと思います。

    I think that this type of a trend is an extremely good flow for brands. For those who aspire to work in fashion in the future, these sorts of opportunities can become great motivations. In particular, because the brand is reviewed by prominent real buyers for the TFA, it is an award that has a good balance between creation and business.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    記念すべき第一回目のTFAの受賞ブランドとして、気持ちは日本代表として、しっかり結果を残していきたいです。
    そして、これはあくまでスタート地点だと思います。全ては継続して、ビジネスに結びつけることが一番の課題だと思います。パリのショールームをきっかけに、更なるステージを目指していきたいです。

    As a winning brand of the commemoratory first TFA, I want to leave a strong result as a representative of Japan. Also, I think that this is merely a starting point. I think the largest challenge is continuing on and linking to further business opportunities. I would like to take the Paris Showroom as an opportunity to aim for the next stage.

  • リトゥンアフターワーズ/リトゥン バイ
    山縣 良和

    writtenafterwards/written b
    yYoshikazu Yamagata

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    新たにベーシックライン、written byを立ち上げ、ビジネスの拡大、海外への販路の拡大を目的として、素晴らしい機会だと思い応募いたしました。

    With the launch of the new basic line, written by, I applied to this great opportunity with the aim of expanding the brand's business and sales channels overseas.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    この度の受賞、大変嬉しく思っております。
    writtenafterwardsとして2007年から活動をしておりますが、今年の4月から、新しくベーシックラインとしてwritten byを立ち上げました。writtenafterwardsを軸としながら、まずは日本をベースにビジネスを拡大する事が第一目標ですが、海外にもしっかりアピール出来る場として今回の受賞は弊社にとって、大変重要な機会となる事と思います。ありがとうございました。

    I am extremely happy about this award. Although we have been active since 2007 as writtenafterwards, we launched written by as a new basic line in April this year. Centering on the principles of writtenafterwards, the first goal was to expand business based in Japan. This award is an extremely important opportunity for us, as it establishes a place in which we can firmly appeal the brand overseas as well. Thank you very much.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    日本のクリエーションを海外に紹介し、リアルビジネスへとつなげるチャンスを与えて下さる貴重なアワードだと思っております。

    I think that it is a valuable award that will introduce Japanese creations overseas, and will give us a chance to connect with real business.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    前々から世界で勝負したいと思っておりましたので、じっくりと焦らず、パリでの経験を積み重ねて、成長していきたいと思っております。

    I had wanted to challenge the fashion scene globally for a long time. Therefore, I want to take it slowly and carefully and accumulate the experience in Paris to further grow.

  • ジョンローレンスサリバン
    柳川 荒士

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN
    Arashi Yanagawa

    TFAへの応募動機Application Motivation for TFA

    知人デザイナーにTFAの事を教えてもらい、パリでの発表のプラスになると思い応募しました。

    I was introduced to the TFA by a designer acquaintance of mine, and decided to apply for the benefit of being able to make an presentation in Paris.

    受賞時の気持ちFeeling when awarded

    うちのようなブランドは今の日本のファッションシーンの中では、なかなか選ばれにくいと思っていたので少し驚きました。

    I was a little surprised, because I think that a brand such as ours is unlikely to be selected in the current fashion scene in Japan.

    世界中には、さまざまなアワードがありますが、TFAはどのようなアワードだと思いますか。There are many different types of awards around the world. What type of award is the TFA to you?

    第一回のコンテストなのでまだよくは分かりませんが、受賞ブランドをみる限り、他のコンテストに比べ、審査員の個性が面白く反映されてると思います。

    Although I'm not quite sure yet because it is still the first contest, as far as I can tell from looking at the winning brands, the personalities of the judges are reflected in an interesting manner compared to other contests.

    パリのショールームでの発表に向けて、意気込みをお願いいたします。Can we catch a bit of your enthusiasm looking towards the announcement at the Paris Showroom?

    継続してパリでは発表しているので、特に強く意気込んではいませんが、パリでのセールスの難しさを経験している分、今回のサポートを生かして、今までと変わらず、決して保守的になることなく、より強い発表をして成果を出したいと思っています。

    As this won't be the first presentation for us in Paris, I am not particularly worried about anything. Having experienced the difficulties of sales in Paris, I would like to take advantage of the support this time around, continue the same trend of never becoming conservative, and have a stronger presentation to produce some results.

  • クリエイティブ・ディレクター
    サラ・アンデルマン

    Creative Director
    Sarah Andelman

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    大変名誉なことだと思っています。そして任命していただき、感謝しています。ありがとうございます。

    It’s an honor, I’m very grateful, thank you.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    若手デザイナーにとって、世界に自分のクリエイションを見せる絶好のチャンスを与えるアワードだと思います。

    It’s a great opportunity for young designers to share their work.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    品質とクリエイティビティ

    Quality and creativity.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    日本のファッションの独自性

    The Japan’s uniqueness.

  • 株式会社阪急阪神百貨店
    ラグジュアリー商品統括部
    紳士インターナショナルデザイナーズ商品部
    宮本 智美

    HANKYU HANSHIN DEPARTMET STORES, INC.
    International Collection / Men’s Fashion Department Buyer
    Tomomi Miyamoto

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    このような重要なアワードの審査員が私でいいのかというのが率直な感想でした。
    ただ任命されたからには、エントリー頂いているデザイナー様にとってもモチベーションが上がり、海外にはこんな素晴らしいブランドが日本にはあるということを伝える役目の一人になりたいと思います。

    Honestly, I wondered if I was adequate to become a judge for such an important award.
    But now that I have been named, I would like to become a source of motivation for the designers participating in this contest, and I would like to play a part in communicating to everyone oversea that Japan has amazing brands as well.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    日本を代表するファッションの最先端を進む重要なアワードと考えております。

    I think it is an important award leading as a vanguard for fashion representing Japan.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    ・パリでは展示会をされていない新鋭ブランドであること。
    ・物作り(素材や縫製も含めて)がしっかりしているかどうか。
    ・トレンドをおさえ、お客様にとって魅力的なブランドであるかどうか。
    以上3つのポイントです。

    ・A fresh brand that had not done an exhibit in Paris.
    ・Solid manufacturing (including the textile and the sewing).
    ・A brand that has captured the trend and is attractive to customers.
    These 3 points were considered important.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    日本の素晴らしいファッションや物作りを世界に伝えて頂き、日本を代表するようなブランドをたくさん創出して欲しいと思います。

    I hope to present many amazing fashion and manufacturing of Japan to the world and many brands that can represent Japan are brought forth.

  • 株式会社阪急阪神百貨店
    第一婦人服商品統括部 婦人服第一商品部
    バイヤー
    島井 千穂子

    HANKYU HANSHIN DEPARTMET STORES, INC.
    Buyer
    Women's Fashion Department
    Chihoko Shimai

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    最初にお話を頂いた際には、恐れ多いという気持ちの方が強かったですが、主旨等をお聞きし、主に海外ブランドを中心に取り扱っている立場から見て、改めて今後国内デザイナーを海外へ発信してゆく機会を作る大きなプロジェクトに微力ながらお手伝いが出来る事を大変光栄に思い、気を引き締めて楽しみながら務めさせて頂こうと思いました。

    When I first heard about it, it was more of a humbled feeling. But then I was told about the whole idea behind it. From the standpoint of handling mainly overseas brands, I was honored to be able to help out that I could in a large project for creating opportunities to send Japanese designers overseas. I decided to focus my mind, play my part and have a great time.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    私は、海外で発表し活躍する新進デザイナーをリサーチしたり、新規導入する際には、海外での世界的なコンテストの受賞歴を参考の1つにしています。日本人デザイナーのクリエーションや斬新さというのは海外のショールームで会話をしていても、特別視され、期待されていると感じることも少なくありません。TFAには、そういった日本人デザイナーを発掘したいと思っている海外マーケットへ最新の日本のマーケット情報を発信する非常に重要な役割を担うアワードだと思います。

    I have been researching young designers who have been presenting and doing well overseas. While introducing somebody new, I take into account whether or not they have received any awards in international contests. Many times, when you engage in a conversation in a showroom overseas, the creations or originality of Japanese designers are regarded with as being exceptional and expectations for them are very high. The TFA is an award that assumes the extremely important role of providing information about the latest Japanese market to the overseas market that wants to discover such Japanese designers.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    一次審査においては、商品ではなく過去のカタログや写真を拝見しての選考でしたので、まずはそちらを拝見して伝わってくるブランドの世界観・オリジナリティを感じ、この商品を見てみたい!と思えるかという直感をまずは大切にしました。その次に、細かくテーマを読み、ファブリックやデザイン、スタイリングの独創性、コレクションまたは写真構成の印象などを重視しました。

    During the initial screening, the selection was done observing past catalogs and photos instead of viewing the actual product. I first gave more importance to instinct, trying to feel the perspective of the world and the originality of the brand that was brought on through the catalogs and photos, and tried to see if I felt that I would like to take a look at the actual product. Then, I read the theme in detail, and placed emphasis on the creativity and originality of the fabric, design and styling and the overall impression of the collection or the portfolio.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    今回、メンズ・レディース・雑貨と自身の担当しているカテゴリーを越えてエントリーブランドを拝見して思ったことですが、これから海外へ東京ブランドを広めていくためには、言うまでも無く、そのブランドが他にはない強みを持ち、いかにそれを押し出して訴求できるかが、一番の鍵になると思います。そのためには、ブランド側には、まず一目で見た時に「ブランドの強みが何か」を相手に訴えかけられる訴求力が必要であり、TFAはそのブランドの魅力をさらに後押しするプロモーションが必要だと思います。今回受賞される方々が海外のマーケットで多くの人々の目に留まり、海外で広く活躍されることを期待しております。また、そういったデザイナーを発信するTFAが海外でも評価され、TFAで受賞歴のあるブランドが常に注目を浴びる様になればと思っております。

    This time, I went beyond the men’s, women’s, goods categories and the categories that I was in charge of, and looked at the brands that had entered the contest. I felt that in order to spread the Tokyo brand overseas from now on, it goes without saying that the brand should have a competitive edge like no other brand. Also, bringing this strength to the forefront and appealing it will be the key factor. For that, the brand needs to have an appealing power such that the moment someone looks at it "the forte of the brand" should appeal to that person. I think TFA needs promotion to further boost the appeal of a brand. Those who will win the award this time will catch the eyes of a lot of people in the overseas market, and will be expected to succeed overseas. Also, TFA, which provides such designers, is expected to be recognized overseas as well. I feel it would be great if the brands that have received the TFA are always in the spotlight.

  • 株式会社 三越伊勢丹
    リ・スタイル バイヤー
    大田 彩

    Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.
    Re-Style Buyer
    Aya Ota

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    本当に、恐縮しております。新しくできたアワードの第1回審査員として、日本のデザイナーが世界に活躍の場を広げるお手伝いが、少しでもできればと思いました。

    I am really greatful. As a judge of the 1st audition, I hoped to be able to help the Japanese brands in even the slightest terms to widen their appeal in the world.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    世界での活動を視野に入れているが、あと一歩踏み出せないデザイナーたちの、背中を押す、「きっかけ」となるアワードではないかと考えます。

    I believe this is an award that presents an "opportunity" to give a supportive push to the designers who have been eyeing the international market but were unable to take another step towards it.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    ・独自のスタイルがあるか。
    ・それを手に取り、お金を出して、欲しいと思って着る人が想像できるか。
    ・海外では為替などの関係で、日本よりも高いプライスで店頭に並ぶが、その際に他のブランドに引けを取らない、通用する服作りをしているか。

    ・Does it have a unique style?
    ・Can it be imagined that people would pick it up, would want it and pay for it?
    ・Due to exchange rates, the products hit the store shelves overseas with a higher price than in Japan. Are the garments of a quality that will not be outdone by other brands under such circumstances?

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    TFA:海外の有名なアワードのように、それを受賞したことが、世界的にもステイタスとなるような、栄誉あるアワードとなるか、ブランドを支援する賞金を授与したり、工場背景の紹介など、受賞したあと、ブランドにとって本当に成長できるアワードとなることを期待する。
    ブランド:ここ2~3年、韓国や、東南アジア、中国など、かつてはあまり見かけなかったアジアの国々から、素晴らしい才能のデザイナーたちが、輩出されている。オリジナルのスタイルがあることはもちろんだけれど、国内独自のファッショントレンドではなく、世界基準のモードとしての服作りをしていることが、成功の鍵ではないかと思う。日本人がその中に最近出ていないような気がします。ぜひがんばってほしいです。

    TFA: I hope that the TFA becomes an honorable award just like other reputable awards overseas, such that winning the award would be a matter of status throughout the world. Also, I expect it to become an award such that winning the award would translate into actual growth for the brand, such as receiving the prize-money that would support the brand, introduction of the background of the workshop etc.
    Brand: In the past 2-3 years, designers with great talent have been appearing one after the other from several Asian countries such as South Korea, South-east Asian countries and China, which were never seen in the past. They certainly have original styles, but I think that creating garments of global standards rather than following the fashion trend of one's own country, is key to success. I have a feeling that Japanese designers do not appear to be amongst those designers recently. I really want them to work hard.

  • 株式会社 三越伊勢丹
    伊勢丹メンズ館 インターナショナルクリエーターズ バイヤー
    高橋 裕二

    Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.
    ISETAN MEN’S International Creators Buyer
    Yuji Takahashi

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    非常に身の引き締まる思いでした。ファッション業界の中には、審査員に適任の方が多くいらっしゃる中で、何故、百貨店のバイヤーである私がという風に感じました。
    ただ、同時に国内の小売店バイヤーに審査員の白羽の矢が立ったことの意義を噛みしめ、日本のブランドが世界で活躍できるよう、少しでも力になりたいと思っています。

    It was an extremely sobering feeling. There are so many other people in the fashion industry, who are qualified as judges. I wondered why I was appointed as a judge despite being just a department store buyer.
    But, after pondering on what it meant for a domestic retail store buyer to be singled out as one of the judges, I think I would like to help the Japanese brands to become successful globally in even the slightest terms.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    日本のファッションが世界に羽ばたくための、登竜門のようになればと思っています。
    国内のデザイナーは、素晴らしい感性とモノづくりの繊細さを持っていて、世界的に見ても十分に競っていける力があると感じています。しかしながら、欧米に比べると、まだファッションを国外に持っていくことが、環境として十分でない状況もあります。
    TFAが、国内だけでなく、海外に目線を向けるきっかけとして機能し、海外進出を考えるブランドに環境を提供する役割を担ってくれればと思います。

    I would like to serve as a gateway to success and enable Japanese fashion to spread its wings around the world.
    I feel that the Japanese designers have what it takes to compete globally. They have excellent sensitivity and a subtlety in their manufacturing. However, in comparison to Europe and the United States, there is still lack of an environment conducive to bringing the fashion outside of Japan.
    TFA would serve as an opportunity to turn the eyes to the overseas market rather than focusing on Japan alone. I hope it will assume the role of providing an environment for brands that wish to expand their business overseas.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    デザインの創造性や素材、ディテール、モノづくりへのこだわりを重点的に見ていきました。上述と重なる部分もありますが、このデザイナーやブランドでなければ、表現しきれないであろうという強いオリジナリティーが感じられるかも非常に重要だと考えています。

    We focused on how much attention was given to creativity of the design, textile, details, and the making. Although there is some overlap with what I mentioned before, I do believe that it is extremely important, to have distinct originality, so much that you feel it could not have been expressed had it not been for this designer or brand.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    日本のファッションは、世界中のファッション関係者が注目していて、期待度も高いです。
    積極的に海外を意識し、そこでブランドを表現し、日本のファッションの素晴らしさを伝えていくことを期待します。それと同時に、まだ課題があることも事実です。特に価格面ではブランドのポジショニング以上の価格で販売されていることも多いので、ブランディングやモノづくり、セールスの体制を含めて、欧米で受け入れられるための工夫もしていかなければならないと思っています。

    The eyes of everyone around the word in the fashion industry are on Japanese fashion and they have high expectations.
    I hope that we become positively aware of the overseas market, showcase our brand there and let them know about the magnificence of Japanese fashion. Meanwhile, it is true that there are still some challenges. Especially, in regards to price, products are often being sold at a price higher than the positioning of the brand. Hence, we need to work on the framework for branding, making and sales, and do all kinds of things to catch on with Europe and the United States.

  • 株式会社サザビーリーグ リトルリーグカンパニー
    ロンハーマン ウィメンズディレクター
    根岸 由香里

    SAZABY LEAGUE, Ltd. LITTLE LEAGUE COMPANY
    Ron Herman Women’s Director
    Yukari Negishi

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    お話を頂きとても光栄に思いました。
    実際に買う側であるバイヤーに審査をという考え方にも共感を覚えましたし、はっきり言ってしまうと、地に足の着いていない、その先にビジネスとしての可能性をなかなか見出すことの出来ない形式のコンテストが多い中、非常に有意義だと思いました。
    本当に日本のブランドをサポートし育てていくという考え方に共感し、お返事をさせて頂いたからこそ、真剣に取り組ませて頂かなければと思いました。

    I felt honored when I came to know about it.
    I could relate to the idea of making buyers, who is actually on the buying side, do the judging. Frankly, I thought that with many contests without a strong foothold and never leading to business opportunities, this one was worth it.
    I totally agree with the idea of supporting the Japanese brands and really helping them grow, and now that I have become a jury, I think I have to be truly committed and take serious efforts.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    先ほども少し触れましたが、とても有意義で、意味のある、地に足の着いたアワードだと思います。
    ファッションの感性は十人十色。
    ファッション性やテクニックや感覚だけで判断するアワードも実際に多い中、ビジネスとして一番基本の“売る”という部分をきちんと判断材料に入れている考え方が素晴らしいと思いました。情熱を持って物づくりをしているデザイナーさんたちが、きちんとビジネスとして継続して“夢”を売っていける、その大きな一歩を手助けするようなアワードだと思います。

    I touched upon this earlier as well. This is a very significant, meaningful and down-to-earth award.
    Fashion sensitivity is different in every person.
    Although there are many awards that judge based only on fashionability, technique and sense, I think the idea of including the "selling" aspect, which is very fundamental to business, as criteria for judgment, is fabulous. This is an award that gives a helping hand to designers who are passionate about their work, to take a giant leap towards sustaining as a proper business and selling "dreams".

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    バイヤーの視点で、バイイングする感覚で審査しました。(弊社にテイストが合うかどうかは基準として関係なく広いバイイングの視点で見ています。)
    また、肩書きや経歴はほとんど審査ポイントに入れていません。
    まずはセンスが良いかどうか。“売る”ことは大切ですが、売れるだけでは意味がありません。格好良く、独自性があるということはファッションとして大前提。
    また世界に発信していくには飛びぬけた感性や独自性が必要です。
    惹かれたかどうか、欲しいかどうか、着てみたいと思うか、お店でその服を見てお客様がわくわくするかどうか、そこをクリアしてから、価格は妥当かどうか、売れるかどうか、この先にビジネスとしての広がりを感じるかどうかなどを判断の基準としました。

    I judged from a buyer’s perspective, in the sense of buying. (I did not consider whether or not the taste would suite our company. I looked at it from a wider buying perspective.)
    Also, the titles and background were not taken into account while judging.
    I started with whether or not there was a good sense of fashion. Although "selling" is important, being salable alone has no meaning. Looking great and being unique is a major premise of fashion.
    An outstanding sensitivity and originality are also necessary to reach out to the world.
    Is it attractive, does anyone feel like having it, does anyone feel like wearing it, is the customer excited looking at the dress in the store - these had to be cleared first. Then, whether or not the price is reasonable, will it sell or not, whether or not you can sense business expansion in the days ahead, were included in the criteria for judgment.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    世界各地を見て回って思うのが、日本のファッションへの関心の高さやレベルが世界でも上位にあるということ。
    NYやパリのファッション関係者たちも、“東京は本当に面白い”“日本製は質が良い”
    “最も今行ってインスピレーションを受ける国”など沢山のポジティブな意見をくれます。
    しかしながらその評価とは別に、世界で通用するブランドは実際あまり多くは出てきていません。10年前、20年前よりも遥かに世界は近く身近にあります。それはとてもラッキーなことです。日本から生まれた感性、商品が世界の人の手に渡りそこに笑顔やドラマをもたらす・・・。この先そんな素敵な絵を見ることができたらと思います。人の心を動かすような洋服が日本からもっともっと生まれることを強く望んでいます!

    After having seen and traveled various parts of the world, I think people have one of the highest level of interest in Japanese fashion in the world.
    Even those concerned with fashion in NY and Paris had many positive opinions - "Tokyo is really exciting", "The products made in Japan has good quality", "It is a country where you could get totally inspired".
    However, apart from all this appreciation, in reality there are still not many brands that are world-class. The world has come far smaller than what it was 10 or 20 years back. We are quite lucky in that sense. The fashion sense and products that have originated in Japan reach the people around the world and bring a smile on their face or lead to an emotional moment...... I hope to be able to see such a wonderful scene in the future. I strongly wish that more and more touching and inspiring ensembles be created in Japan.

  • 株式会社ユナイテッドアローズ
    UNITED ARROWSバイヤー
    UNITED ARROWS & SONSディレクター
    小木“Poggy”基史

    UNITED ARROWS LTD.
    UNITED ARROWS BUYER
    UNITED ARROWS & SONS DIRECTOR
    Motofumi “Poggy” Kogi

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    自分で良いのか戸惑いましたが、世界を見て最良のブランドをお店に買い付けるのと同じような、いつもの気持ちで臨もうと決意しました。

    I wondered if I was the right person. But then I made up my mind to go for it with my usual approach, just like I would look around the world and buy the best brand for the store.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    まだ1回目なので分かりませんが、TFAはすごく重要なものだという認識と、世界へ発信するためには今までの型にはまったものではいけないと考えています。

    Since this was just the first time, I am not very sure, but I am aware that TFA is very important, and I believe that if you want to reach out to the world, the conventional method is not going to work.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    そのブランドを通じて世の中に何をしたいのかという点でしょうか。

    How the brand expresses what they want to do in this world.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    海外の方が日本人に期待する、生産背景を含めた細部への気配りはもちろんですが、物だけではなくカルチャーも伝えられる存在になるブランドが、東京から出て行くことを期待します。SNSを利用することも今の時代には欠かせない手段のような気がします。

    Obviously, that would be attention to details including the production background, which is expected of Japanese people from those abroad. I also hope that brands that not only present products but send out the culture as well would come forth from Tokyo. I think using SNS has also become such important now.

  • クリエイティブ・ディレクター
    ニック・ウースター

    Creative Director
    Nickelson Wooster

    TOKYO FASHION AWARDの審査員に任命された時の気持ち。How did you feel when you were appointed as a jury for the TFA?

    TFAの審査員を依頼されたとき、非常に光栄に感じました。ファッション業界に身を置き、世界中のファッション都市を回っていることは、大変名誉なことです。
    日本は、世界のファッション産業に貢献している重要な国のひとつです。私は、東京を訪れる時は、いつもハッピーな気分です。

    I was very honored to be asked to be on the jury for the TFA. It is such a privilege to work in the fashion business and have the opportunity to travel around the world.
    Japan is one of the most important countries in the contribution to fashion. I am always happy when I get to visit Tokyo.

    世界に数あるアワードの中で、TOKYO FASHION AWARDは
    どのようなアワードだと思いますか。 Globally, fashion contests and awards have been increasing. Of these, what type of award do you think the TFA is?

    デザイナーたちの才能を称えるアワードは、彼らにとって大きな名誉になるでしょう。日本ならではの技術を評価することは特に重要です。
    日本のファッション文化はある意味、とても特殊ですが、それを世界中に広めるお手伝いができることは光栄です。

    Any award that recognizes talent is a great honor for a designer. It is especially important to recognize the special skills that the country of Japan cultivates.
    Japanese culture is a very special culture that I am honored to help promote around the world.

    どのような点を重視して審査されましたか。Points of Judgment (What types of points were emphasized when judging?)

    まず、実際の製品を見ることが常に重要です。東京のデザイナーたちが生み出すものが、世界的な欧米ブランドのものと、どういう関係性になっていくか。すべては“製品”にあります。色、生地、形、そしてものづくり全体の美学は何でしょうか。これが、製品において最も重要な質問です。
    2つ目のポイントはウェブサイトです。明確なブランドメッセージがあるか、ユーザビリティを考慮しているか。
    この2つが、私が重視した評価基準です。

    It is always most important to look at the product. How do the clothes relate to other brands that are important in Europe and the US. For me, everything begins with product. What are the colors, fabrics, shapes and overall aesthetic? These are the most important questions. The second factor is the website. Is there a clear brand message? Is the navigation easy? These were my two most important criteria.

    TOKYO FASHION AWARDや東京のブランドに期待することは?Things to expect from the TFA itself and entry brands (Tokyo brands)

    驚いたり、目を奪われたり、魅了されたいですね。
    私は、欲望に貪欲でなければいけない。つまり、東京のデザイナーは、常にファッションの世界において、私の関心を引きつけるものであってほしいと思っています。

    I want to be surprised, dazzled and seduced. I need to feel the emotion of desire. That is what always interests me in the world of fashion.

Contact お問い合わせ

お問い合わせ先 「TOKYO FASHION AWARD」事務局
Contact "TOKYO FASHION AWARD" Head Office
e-mail info@tokyo-fashion-award.jp
  • <主催> 東京都/繊維ファッション産学協議会
  • <共催> 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
  • <企画運営協力> 伊藤忠ファッションシステム株式会社
  • <協賛>日本航空株式会社JAPAN AIRLINES